2012/6/29

たんたんと続ける心のドラムと愛の笛  雑感

   この3月に多くの方々の助けをいただいて福島県相馬市を訪ねることが出来ました。改めてご協力に感謝します。

  一度目はエネルギーも意識も集中し、盛り沢山のプレゼントを届けることができましたが、それを継続、持続させるために、次の動きを続けて来ました。

  二度目の活動になると、支援基金の動きも停滞気味であり、周囲の反応も少なくなっているように思います。目の前にあるそれぞれの現実生活が活発になり、意識の何処かで気にしてはいるけれど、具体的な活動に結び付かなくなるのは自然の成り行きかもしれません。

  この時期になると、それぞれの人生経験などで道が別れるのでしょう。一度仕送りしたら、それで終わりと考えるのではなく、状況が回復し自立するまで支える必要があるのだと思いますが、支援となると一回で途絶えてしまう事が少なくありません。

  実際二度目の活動は資金も乏しいのですが、現地のニーズは続いています。質的な変化、意識の変化を的確に受け取りながら、新しいステップを踏むことが大切だと感じています。また、次の時代を支えて行く若い方々が現実を直接知る機会が必要だとも思っています。

   訪問のため現地の方々と連絡をとって行くうちに、どこか風向きが変化している事に気づきました。意識が低下しているのはこちら側だけではなく、現地の方々もまた気持ちが変化し、諦めムードで放射能のことは誰も口にしなくなっているというのです。マスクをするのは気にし過ぎだと見なされるというのです。何でもないのに騒ぎ立てるなという風潮がさらに強くなっているというのです。皮肉にも、国の、なんでもない、大丈夫情報が混乱を回避させた形になっているのです。

  ふと周囲を見回しても、震災関連の支援活動にを口にする人は激減し、
何もなかったかのように自分たちの事に向かっている気がします。こういう時期に、演奏で支援をし続けている方と出会ったり、生活支援のために奔走し、次の必要のために動いている方との出会いが続きました。

  そんな流れの中で、コツコツと積み上げられてきたお手玉やミズカンリンバ、スマートボールたちやラブフルートやドラム演奏などが相馬保育園の子供達のところに届けられます。

  どれ程多くの情報を手に入れたとしても、自分自身が直接触れ、知ることの大切さは変わらないでしょう。この活発に活動する時期に、仕事の手を止めて出向くのは厳しいのですが、ものだけを送り届けるのではなく、顔を合わせことの大切さを感じています。

   出発まで少し時間があります。もし、支援の手を添えてくださる方がおられましたら下記の口座に送金いただけると助かります。また、届けたいものがある方は可能な限り手渡ししたいと思っていますのでお申し付け下さい。

  タングロン支援基金送金先
ゆうちょ銀行  記号19010  番号 13399611
名前  タングロンシエンキキン
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ