2012/7/31

感謝しつつ次の一歩を踏み出す  ラブフルート

  相馬保育園二度目の訪問(7月)は3月とは流れも内容も変化していました。タングロンを届けるという第一の目的が果たされ、それ以後は園児と家族の選択に委ねました。現段階では、相馬市内のふるうた放射能測定室と福島から山形県米沢市に避難された方々がタングロンを飲み続けています。この小さな場所からゆっくりと伝わって行く事になるのでしょう。

  タングロン継続の意味は時間の経過の中で見えてくるように思います。一時的に飲用を希望する方は多いのですが、継続している方はわずかです。道内で継続的にタングロン支援に協力して下さっている江別のステンドグラス工房・ボザールデザインビューローの石戸谷氏の存在は心強く感じています。

  積み木を送った木工家のお一人が、後日収穫したアスパラを送って下さり園児たちが丸ごと一本食べて感動したと伺いました。自分にできる範囲で継続しておられる樹喜舎の小林ご夫妻の働きもまた嬉しく心強く思います。

  一回目には力も意識も集中しますから、支援金もプレゼントもいっぱいになりましたが、二回目は支援金も減って来ます。そんな中でも、ブログを通してそっと振り込んでくださる方がおられました。これはとても嬉しく感謝な事でした。
  
   また、お手玉やミズカンリンバに携わって下さった方々の存在は大きかったと思います。とりわけ、自宅を開放して働きかけて下さったスタジオシンカーの山谷ご夫妻の姿は印象に残ります。

   木のおもちゃ工房・AUーAUの運野さんが力作のスマートボールを子供達のために製作してくださり素晴らしい贈り物を届けることが出来ました。今度はスマートボールを届けに来るよ〜と伝えたことが実現しました。大切な時間を子供達の笑顔のために頑張って下さいました!

  必要なのは打ち上げ花火のような活動ではなく、灯り続ける明かりのような活動(生き方)かと思います。それは、活動に参加するという視点ではなく、自分自身の価値観や生き方の実践として位置付けられることが大切かと思っています。

  僕はきっかけを作り、皆さんの思いをつなげながら、地道にラブフルートの響きをお届けし続けたいと思っています。現地では、ラブフルートの演奏を聞いていただくことに加えて、皆さんの心が開放されて笑顔や喜びや希望が生まれることを大切にと考えています。通常のライブとは違って、聞く姿勢よりも参加して自分自身が音の響きの中に加わる喜びや楽しさをお届けするスタンスを大切にしています。

  今後は、地道な活動を続けたいと思う方々と現地の方々とのコンタクトの機会を見つけ出して行けるようにと思っています。もし、現地を訪ねて見たいという方がおられましたら声を掛けてください。また支援金でご協力くださる方がおられましたら声を掛けてください。よろしくお願いします。
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ