2013/6/5

小さな街からお出かけ演奏  ラブフルート

クリックすると元のサイズで表示します

 モンクールという名前を聞くようになって、色んな方が様々な催しをされているな〜と思っていました。そんな僕も、ちょっとしたきっかけで演奏やワークショップをさせていただくことになりました。

 遅ればせながらお世話になりますと、あいさつと下見を兼ねてモンクールさんをお訪ねしました。普通のお客としてお店に入り、パンを選ぶことにしたのですが、パン以上にオーナーさんの笑顔とお話しが印象的でした。

 以前、酵母パンでお世話になったルシルさんのパンを頂いた時、ああ本人がパンになってるという感じがしました。面白いものです。そんな経験から、きっと彼の人柄がパンになっているんだろうな〜と思いました。

 どれも個性的で、どれもお勧め!わが子をお届けする感じで、嬉しそうでした!僕は幾つかのパンを選び終え、置かれていたパンフレットに目をやり、この写真僕です...と呟きました。

 彼はかなり意外で、びっくりといった様子でしたが、すぐに笑顔であいさつをされました。こちらこそよろしくお願いしますということで、奥にある小さなスペースを見せていただきました。

 お客様がお一人席についておられました。顔なじみ風でしたので、少し試し吹きさせていただきました。次々とモンクールファンの方が来られるので、あまりのんびりできないほどでした。気がつくと、ほとんどのパンが無くなっていました。

 ああ、僕はここで木の笛の声をお届けするんだな...と、ゆっくり心の準備を始めました。
どんな方がいらっしゃって、どんな雰囲気になるのかな...

 僕にできるのは、ラブフルートの音色もさることながら、みんなでゆったり喜び、楽しみ、ふっと身も心も一歩、歩きだせる感じになれたらいいなと思いながら過ごすこと。
木々の響きが集まられた皆さんの全身をつつみこんでくれるように呼吸を大切に使わせてもらうこと。

 演奏が終わってからパンと飲み物のバイキングなので、ちょっと嬉しいです。いつもはライブ2時間前は飲食をしないのですが、今回は大丈夫!?

 もっとも、その後はフルートやドラムのワークショップもありますから、控えめにはなるのですが...

 久々の札幌市内のライブです。これからもポツリポツリとどこかで木々の響きをお届けする機会はあるかもしれませんが、地方の街から都会に足を踏み入れる独特の感覚を楽しむつもりです。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ