2005/10/26

窓辺の木の葉  雑感

クリックすると元のサイズで表示します

 短い秋に感じたことをもう少し書き留めてみようと思います。前回書いたイチョウの輝きはさーっと通り過ぎる贅沢な空間ですが、書き終えた翌日部屋の窓辺から見えたハナミズキの紅葉から別の思いが浮かんできました。

 ゆっくりと一枚の木の葉を見詰めるという時間は、今までにも殆ど無かったように思います。写真を撮る時は、それなりに凝視することも多いのですが。何の目的も無く、ふと目の前にある一枚の木の葉を見詰めると言うのは、とても新鮮な感じがするものです。

 かなり黄色くなった葉が目の前にあります。いつもはバードテーブルに来る小鳥を眺めるための窓から、思いがけず一枚の木の葉を見詰めることになりました。とりわけ感じたのは、風に揺れている木の葉の動きでした。付け根はしっかりと繋がってるのでしょうが、実に見事に風の動きを受けて揺れ続けているのです。時の流れ、人生の流れに、淡々と身を任せる巧みさを見ていると、自らの歩みの稚拙さを嫌と言うほど感じました。

 考えてみたら、春に目を出した若葉は、様々な季節の変化の中で立派に生きてきたのです。よくぞあの激しい風や雨を受けながら生き抜いてきたものだと思います。生い茂るたくさんの葉を見れば、その中の一枚が落ちたとしても、さして気にはとめないでしょう。ましてや木々の生い茂る山を見れば、一枚の木の葉にどれほどに意味があるのでしょう。

 でも、その中の一枚がちゃんと人の心の中にやってきて、心を映し出し、生かされている世界を照らし出してくれました。

 ああでなければ、こうしなければ。あの人はどうで、この人はああだと口にする人の姿。それは吹いている風に気付かず、自分のちっぽけな経験と価値観を振り回して動こうとし、得意げになる未熟な動きをしているのかもしれません。

 他を押しのけて、日当たりの良い場所を独占しようとしたり、害虫を自分の場所から追い出して、他の葉を殺しても平気だったり。そんな樹がどこにあるでしょう。置かれた場所にとどまり、与えられた日差しを受け、寒さに耐えて美しく色付く一枚の葉。なんの主張もせず、与えられた命を全うして樹の根元の養分となるために落ちていく時を待っているようです。

 一年を巡る樹の歩みが、毎年繰り返されていながら、自分がすることに気持ちが捕らわれて、大切な人生そのものを見失いがちな生活。窓辺の向こうにはちっぽけな工房があるのですが、今朝は足早に工房に向かわず、まず生かされている足元をしっかり見詰めようということになりました。

 人生の最後がどうなるか分かりませんが、一枚の木の葉がそばにあってくれればいいなと、思っています。

 今回は、昨年の秋に近くの公園で写した落葉を掲載しました。紅葉もさることながら、いつもはちょっとした高さを踏み越えるのがやっとの短い足が、影に助けられて随分と長く見えるのが嬉しい?秋の明るい日差しの記憶が蘇ります。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ