2014/3/20

3月振り返りつつ前に向かう  ラブフルート

3月の確定申告が終わると、前年がどんな風だったか振り返る事が出来ます。とりわけラブフルートの製作や演奏活動がどうだったか一目瞭然です。何本作らせていただいて、収入はどうなのか。どこから依頼を頂いて演奏してきたか...。

 数年前から身体の負担が大きくなって製作のテンポが鈍くなり、製作数はピークの時の4分の1になっています。製作を手伝ってくださる方が居なくなった事も当然製作の流れに大きく影響しています。

 しかしそれ以上に、東日本大震災から始まった支援活動の影響があると思います。一日の半分は被災地、被災者とのコンタクトやそれに付随する活動に費やしている感覚がありました。

 現地への具体的な訪問は短期間ですが、その前後の諸々の動きが大きかったと思います。結果的に製作依頼くださった方々にご迷惑をおかけしてしまい申し訳なく思っています。

 今後も東北での活動は継続すると思いますが、まずはラブフルートの製作に集中してめどをつけたいと思っています。

 もうひとつの身体の負担に関しては、これまた葛藤が続いています。手作業にこだわる姿勢を継続すれば、当然のように身体への負担が増加します。手や指の負担は肩まで波及し、激痛で目覚める生活が何年も続いています。

 これを解消するためには、作業を休止し身体を守るか動かせなくなるのを覚悟で、可能な限り製作し続けるのか。後者の場合、製作不能になった後の日常生活に支障が出てくる可能性が高いと感じています。

 いずれにしてもいつか製作を止める時が来るのだと思いますから、それも考えて行動しなければと感じています。

 時折、後継者もしくは協力者のことを考えた方がと声をかけられることもありますが、なかなか難しいと感じています。演奏、製作、レッスンという一連の流れがあってなんとか継続して来ましたから、そのバランスを保てることが継続の前提になるでしょう。

 実際、製作だけで生計を維持しようとすれば、取り組む姿勢も製作の姿勢も変化する事になるでしょう。経済を安定させるためには...という視点に立つことになるでしょう。そうなると、完成するラブフルートにも確実な変化が起こるでしょう。

 それはそれで割り切れば作れるのでしょうが、誰もそれを求めなくなるかもしれません。或いは、販売のための手段に経費をつぎ込み、いわば中小企業と同様の課題を背負う事になるような気がします。

 どうやら、やれるだけの事をさせていただいて、後は流れに身を任せる事になりそうです。そして、ここまで継続させていただけたことに驚きと感謝を覚えています。はたしてどこまでラブフルートの旅が続くのでしょう....。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ