2014/4/23

屑という種  ラブフルート

屑という種。(感謝の道を辿るメモ)

先に書いたガラスのコンペティションの作品を製作する時に、工房のゴミとして棄てられる屑ガラスと韓国製の安い板ガラスを使いました。値段などつけられないと言うことで、タダで頂きました。(石戸谷さん・改めてありがとうm(_ _)m)
硝子切りさえ満足に出来ないまま、簡単に手ほどきを受けて取り組んだ記憶があります。かなり無謀でした…。

父親から硝子切りを教えられた記憶は有るものの、うまく出来るはずもなく、硝子が勿体無いからという理由で断念したままでした。

ゴミ箱から集めた色ガラス(ステンドグラス)を、呆れるほどカットして、散りばめることで硝子の量の不足を補い、黙々と取り組みました。

それから時が流れ、今度は硝子ではなく木材の端っこを頂いてラブフルートを作り始めました。製材工場を訪ね、切り離して売り物にならない端材をひとまとめ幾らで購入しながら製作を続けました。

合わせて木工に携わる人と出会い、切れ端を頂いては製作に向かいました。その中でも都築氏にはカツラの埋もれ木を手始めに、僕の財力では手に入れられない材料の切れ端をたくさん頂きました。

貧乏学生の時は、パンの耳を常食にしたり、寮の余り物を楽しみにする生活でしたから、その延長に今があるようです。ノートは、印刷に失敗した藁半紙や広告の裏紙という感じでしたから、屑で生きる基盤が身に付いていたのかもしれません…。

小さな切れ端なので、フルートを作るのが難しい端材も有るのですが、バードにすれば大丈夫!厳しい条件が工夫を生み、技術を培ってくれたように思います。

生まれて初めて製作したラブフルートもまた、知人のケーナ製作者が使い物にならないから好きなだけ持って行って良いよと言われ、ベランダに無造作にたてかけられていた竹をひとかかえ頂いた中の一本でした。

屑野菜を美味しいスープにしたり、屑米で小鳥たちとの交流を楽しんだり、もう捨てるけど…という衣類で何年も過ごしたりで、感謝の連続。そういえば、ただで頂けるオカラも工夫次第でなかなか美味しい…。ココオシというマッサージアイテムもKOCOMATSU建設の時の端材で作られています。

屑という種が実りをもたらす楽しみ。屑が作品になり、心と繋がる笛の一部になり、すっかり生まれ変わるのは楽しいものです。こんなことは、色んなところにあ有るのかもしれません。

人の繋がりという錬金術を楽しみ感謝しながらもう少し歩いてみようかな…。
屑を分けてくれる気持ちに感謝。屑が宝になる楽しみをありがとう。

ちなみに木の切れ端はフルートケースのボタンになり、薄い板はココペリになり、最後の削りかすはお風呂の燃料になっています。木のように、最後の最後まで生きて生かされ、最後に人を暖めて終われたら良いだろうな…。

都築謙司さん (http://kens-wood-working.ftw.jp) 改めてありがとうございます!今後ともよろしく(^.^)クリックすると元のサイズで表示します
2



2014/5/18  14:05

投稿者:SHO

コメントありがとうございますm(_ _)m
断捨離ブームですが、捨てる前に生かす知恵があると
豊かな生活になることもあると思います(^-^)

2014/5/18  0:58

投稿者:素敵です。

もう捨ててしまうものから 何がうまれるのか…小さな糸屑や色あせた綿の服やボタンが捨てられずにいます。カタチにして楽しめたら素敵ですね(^ω^)

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ