2014/10/16

アイヌ伝統音楽と愛の笛  ラブフルート

アイヌ伝統音楽の中に興味深い一文がある。それを
少し抜粋してみる。

トンコリに関する記述の中に「 それが独奏楽器として使用されるようになると固有の曲が生まれることになる。その曲は個人が独創した固有の曲節というものではなく、多くは自然界の音響の模倣であり、それを説明する言葉が曲の名前となる」 出典 「アイヌ伝統音楽」日本放送協会編
P520

この記述は「愛の笛」の物語の一節と酷似している。鹿人間から愛の笛を手渡された青年は生き物たちの真似をしながら笛の扱いを覚え、自分の心の思いを現すことを知って行く。自然と一体になることから始めたのだ。

それは存在の原点から始める行為。ひとつの原点回帰とも言えるだろう。

音楽の原点は、耳を澄ませ、心を傾け、よくこの世界を知り、感じ、学ぶ事なのだ。

昨年開いた、風を全身で感じるワークショップは、その一つの試みだった。風とは一体なんなのか...

ラブフルートのワークショップで、大切なのはフルートを吹く技術よりも、メンタルなことなのだ。

ラブフルートの存在。深くその意味を知り、自ずとラブフルートを吹きたくなる。この流れがポイントなのだ。

その構造の意味を知り、そこからどんな風が巻き起こり、心をどんな風に動かすのか。

木々が生み出す固有の響きが心にどのように働きかけるのか。

特定の周波数や響きを誇張するのではなく、複雑に変化し続ける揺らぎの中に隠された響きの不思議を感じ取る意識の重要性。

個々の響きと音程の変化がもたらす心との繋がり。認識や判断をこえた不可思議な響きが呼び起こすもの。

個性豊かな木々たちから届けられる固有のメッセージ。

言葉ではなく、なぜ木々の響きが心を現すのか。そんなひとつひとつの事を伝えるワークショップ。身体と呼吸と心のつながり。

これらはラブフルートの製作と並行して初めてバランスを保てるだろう。

ラブフルートを手に入れることの意味を深く受け取り、地道に伝えて行く数少ない出会い。

それが自分に残された時間の意味なのかもしれない。

ひとりでも木々の響きに耳を傾けたいと願う人がいれば、お招きし、あるいは出向いて行く...

今回は、長年高価で入手出来なかった「アイヌ伝統音楽」をようやく手に入れその一部を紹介してみた。
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ