いろは 伊呂波 IROHA

和漢洋朗詠集   波江究一 字數歌之頁 Trilingual Recitation of Nipponese,Chinese and English
開設 太陰太陽暦平成甲申六月四日 グレゴリオ暦2004/7/20
寸言  人類言語中に於ける日本語の位置付けを確認する頁。
This blog was established in order to check positioning of Japanese under human-beings language.

 

リンク情報




カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:波江究一
お返し有難く。まあいはば日本語にとつてやれば出来ること他言語には逆立ちしても出来ぬことの区別を明確にする試みです。国語への愛と誇りを回復する為に仮名カードなど作り一度お試しになつてください。
投稿者:碧野
はじめまして。
トラックバックがしてあったので来ました。
・・・日本語って綺麗だなって思うのですが、どうも僕の至らない頭では理解不能です。
日本語って難しいです。漢字も読めないのがありますし。

という訳でトラックバック仕返しておきます〜。
投稿者:波江究一
大山くづるるも蟻の一穴ですからね。今風の若者達は時代感の肌合のままにいひくづした表現を飽きるまで使つてみてかまはぬとおもひます。いづれ夢覚めるときまでさうした方が古いと見られて来た表現の真の新しみを全く別角度から再発見することになる。仮名遣を軸とした国語問題はその値打ち再発見再創造する形で解決克服されねばならぬ。その意味がいろはの形式を用ゐた「現代詩」といふ形で広く伝へ得たかどうかはまだわかりませんが、一の里程にはなる筈です。よろしければ折々ごらんになつて置いて下さい。
投稿者:kirari
……とても興味深く拝読いたしました。日本語は本来的に美しいものです。私もいつか滔々と流れる川のような天衣無縫の文章を書き連ねることができたらと切に願っているものの一人です。
 昨今の純文学に見られる「話し言葉」の隆盛は波江氏にしてみれば嘆息の漏れることしきりでありましょう。あるいはまた、最近の作家はものの文色も判らぬと激昂なされているのかもしれません。お察しします。
 しかし、たとえば最近のB系ファッションを例にとって考えますと、あのような装束を文語調では表現し得ないという嫌いがございます。というのは例えば若者が帽子をきちんと被らないのを「斜に被っている」とかはたまた「阿弥陀に被っている」等とは形容しづらいのです。そういった言葉を使ってしまうと現代風の感じがどうしても薄れてしまう。なので「あの人、ホントまじヤバイね……」とか「超イケてる」という風になってしまう訳です。
……若輩ものの拙い意見ではございますが。ですが、波江氏のこれからのご活躍に期待しております。なにしろ一途に究めると書いて究一なのですから。このお名前に岩をも通す信念を感じました。私はこれからも雨樋からの雫がその下の石に穴を穿つように淡々と書いていけたらと思っております。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ