いろは 伊呂波 IROHA

和漢洋朗詠集   波江究一 字數歌之頁 Trilingual Recitation of Nipponese,Chinese and English
開設 太陰太陽暦平成甲申六月四日 グレゴリオ暦2004/7/20
寸言  人類言語中に於ける日本語の位置付けを確認する頁。
This blog was established in order to check positioning of Japanese under human-beings language.

 

リンク情報




カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:波江究一
桃李歌壇はは一時期結構書き込みましたからお会ひして居る筈です。その後もお変はりなくやつてをられるやうですが。少しでも多くの方に早く国語を扱ふ上での新しい視点を知つて頂きたいと存じあちこちと記事おくらせて頂いて居るところです。今後ともよろしく。
投稿者:花
はじめまして!波江究一さん。もしや、桃李歌壇でお目にかかったような気がいたしますが、違っていたようでしたらごめんなさい。
先日はTBをしていただきましてありがとうございました。ブログは初心にてTBとはそもなんぞや?と戸惑っているままに日が打ち重なってしまいました。ともあれお礼を申さねばと伺った次第です。

http://momo@tokyo.com
投稿者:波江究一
ご訪問ようこそ。いろはといふものは漢語カタカナ語ともに妄りな濫用を防ぎ大和言葉の美を保存するに効果があると思ひますし、そこに比類を絶した日本語の基本設計もあらはれて来ると信じ倦まずたゆまずやつてをる次第です。長音用の「い」や「う」又「ん」の使用がおのづと制限されますからね。基本字母の均質な運用のみを以て有機的詩世界を無数に現出せしめ得るは人類言語多しといへども日本語のみの特徴です。今ま「国語政策」はその特質をむざむざ溝に捨てるやうなもので過ちて改むるに憚る無き決定が下されねば日本文明に未来は無いと私は断言し得ます。
神道の問題にしても、天皇を絶対神に擬制した国家神道といふものが、戦後の進駐軍に拠る余計な介入と相俟つて祭祀観念を眩ませ国民が素直に戦死者の霊を祭り難くして居るとおもひます。
私がここで強調したいのは日本語が「未熟」どころか、印度中国二大文明の精華をよりあはせてうつて一丸とし彼らの後の先に出た意義あるものであり、以後の人類文明の展開を導くに足るものなりといふことでして、その為にもその成果を台無しにする「現代かなづかい」なる冗談は即刻廃棄せらるるに如くはないといふにあります。この点国語についての発言の中の五十音図についての考察もお読み頂ければと存じます。ご訪問ありがたうございましたたたる
投稿者:hyakumi
TBありがとうござます。ふーむ、貴様(あなたさま)のページ読んだが訳がわからん。やまとことばを愛されているらしく、旧かなづかひ、難しい漢字。高島俊男が書いていたぞい。「日本語がまだ未熟だったころ漢語漢字が入ってきて、それを借り入れ用いることで、日本語は成長が止まった。少し高級な事は外来語である漢字によらねばなにも言えなくなってしまった。」吉本隆明も書いてるぞい。「漢字を音訓両方に使い分けて文を表記する方法をあみだした古代日本人の文化の異様な体験を精稠に語る小林が、どうして「天皇の意は『古語』の問題にあった。『古語』が失われればそれと同様に『古の実のありさま』も失われるといふ問題にあった。宣長は、さう直ちに見て取った。彼の見解は正しいのである。」とあっさりいってしまうのか合点ゆかぬ。」
神道は宗教では無い?無いだろうな。儒教を取り入れた日本人は「儒学」とした。もともと文字を持たなかった日本人はなんでもかも海外から受け入れ、その本質を咀嚼して自分の都合の良いものに変えて受け入れてきた。別にこれは自虐的な歴史感ではない。文学の範囲でいえば中国文学から多大な影響をうけたが日本人は、その秀才性で独自な発想を展開してきた。『尾花云々、、』の歌かは知らねどもわけがわからぬぞへ、、、、、

http://hyakumi.cocolog-nifty.com/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ