2008/9/21

第57回九州地区一般教育研究協議会2  教育

<今朝のテレビ特番から>
(1)はじめてリーマンが堀江もん買収騒動劇の裏で働いていたこと指摘される。それに対し、
与謝野氏が「金融資本主義」批判し、物作りが重要と指摘。
小池氏は否定的、理由は日本が今回大きな被害を受けなかったこと指摘
麻生氏はやや「金融資本主義」に批判的。時価資本主義に疑問
他の2人(石原、石破)も「金融資本主義」に批判的。
  小池氏のみ、まだ構造改革原理主義派、まだ反省がないのか?

リーマンの破綻を契機にして金融資本主義批判がようやく多くの政治家に議論されるようなったが、私にいわせれば遅いと感じる。あの堀江もん逮捕の時点でそれを指摘する人は少なかった。 若者の多くは堀江もん派、勝ち組・負け組と云いつつも、「自分は勝ち組になる」と思っていた者が多かった。

(2)今の時点で太田大臣辞任は無責任。責任を果たしてその後、腹を切るのが日本の農政のトップに立つものの道。 …しかし、あの人が大臣では困ると思っていたので結果オーライ(汗)

(3)それにしても榊原氏が民主党のブレインであるとは知らなかった! 小沢党首が述べていたお金の出所をのどみなく述べるが、果たしてそう巧く行くか?

――― 第57回九州地区一般教育研究協議会 ―――
長崎大学構内には野良猫が沢山いる。個人的には困った事だとは思わないが、捕獲して去勢手術はした方がよいと思う。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
<自然科学部門>
(1) 物理学未履修クラスにおける力学基礎・同演習の展開:副島・田尾(九大)
○入試で履修しないが、大学で必須とする矛盾
○工夫:講義と演習を一体化(3単位)として試行→出席点が大き過ぎる欠点でる
○講義の中で理解度の5回アンケートとる
  習っていない項目も含める=学生の達成感
  理解度に客観的指標いれる(例:4問題が解ける、5他の人に説明出来る)
○工夫
  演習は全ての学生に行わせる。
  中間試験は一時的効果あるが、最終的達成度は余りかわらず
(2) 文学で学ぶ物理学:後藤(長崎大)
  源氏物語、万葉集の月に関する描写で天体軌道の説明
  (個人的意見)面白いが、余裕のあるシラバスでないと実施困難ではないか?
  「科学教育」で科学研究費 基盤C
(3) 文系学生を対象にした物理学講義:巨海(九大)
  福岡市(おそらく全国的でも)で学生の2/3が文系学生 
  彼らをターゲットにすることは自然科学のリテラシーを向上することは重要
○2つの偏差値の異なる大学で実施した結果文系学生の知識・能力に差ない

2日目
(1) 大学教育と平和教育:舟越・柴野(長崎大・長崎総合科学大)
(2) 大学教育と環境教育:上江田(長崎大)
  11年前に長崎大学は環境学部創設
  140人(内留学生)+3年編入枠10人=150人
  共通コース→政策コース(文系)+保全設計コース(理系)
  問題点:広く浅い知識(理学部生に比べると知識の深化ない)

彼岸花が満開になる
クリックすると元のサイズで表示します
パキスタンで大規模テロ。予想されたことではあるが…
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/1155/trackback
Toddの人口学的類型の解析が正しければ、パキスタンはなるべくしてなったテロ最前線国家。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/389/trackback
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ