2008/9/23

今朝のニュースから  教育

<今日のニュースより 1>
教育再生懇談会は現在4割の大学生が推薦、あるいはAOで大学に入学し、
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/1190/trackback
学力試験が課せられていないことが現在の大学生の学力低下の原因であるとして、今後全国統一推薦・AOを対象とした学力試験が見当されはじめたとのこと。

現実には推薦・AOといえども旧国立、あるいは一部の私立大学では学力試験が行われている。 某医療系大学のAOは一般入試よりも難しい。優秀な学生を選抜しようという教員の気迫の表れか(汗) 今年のその某大学のAOの評判はかなりよいらしい♪ 何しろ受験産業界が入試を監視しているので大学側も評判が気になります。

…とはいえ、通常の学力試験に比べ、ややその効果が疑問視されているのも事実。 Q大では優秀な学生が集められていないとして、とうとうAO入試を中止することにした。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/945/trackback
また私立の場合は青田刈りの側面もある。

いずれにせよ、もし本当に行われるならばこちらとしては有り難いが、そうなると推薦・AOの意義はどうなるのだろう。

先日の教育研究協議会で、学士力とともに国際化が叫ばれていたが、大学における外国人教師の割合は一番多い京都大で8%、東大で5%、平均では3%だとか。 
自分も含め、英語で全講義が出来る日本人教師はほとんどいないのが正直なところ。 以前、僅か1コマの授業を英語で留学生相手にやったがとても大変だった。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/1013/trackback

<今日のニュースより 2>
先日、ある投資アドバイザーが前年度、数百億の黒字を出しながらも経営破綻したアーバンコーポレイションの例を取り上げ、いま日本の銀行が貸止まりをしていて企業を見殺しにしているとの議論をぶち上げていた。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/1187/trackback

しかし少なくともアーバンコーポレイションに関しては、その投機的ビジネスモデルが立ち行かなくなっていることが原因だろう。 一方で日本の銀行はアメリカの証券大手を傘下に置くという堅実なビジネスを展開している。 バブルの教訓は生きているのではないか? 

あの評論家はあてにならないというのが私の結論。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ