2011/5/6

5日目−2  山東省

途中でランチに寄った地元の料理店、
3276
クリックすると元のサイズで表示します

大釜にロバの内蔵が煮られていた。 この鍋から適当な塊を選ぶ仕組み。凄い量を注文するZY一家。
3268
クリックすると元のサイズで表示します

食材を選ぶZY達
3272
クリックすると元のサイズで表示します

選ばれた食材をその場で調理してくれる
3273
クリックすると元のサイズで表示します

これがロバ肉、味はそこそこ。 馬肉に近いのは納得か? 少しばさばさ感があるが、美味しかった。麦パンもいける。
3275
クリックすると元のサイズで表示します

ランチの後、露天で果物を入手。
3277
クリックすると元のサイズで表示します

露天が並ぶ、市
3278
クリックすると元のサイズで表示します


さて高速の入口近くまできた時、ZYがスマートフォンを先ほどの店に忘れてきたことに気づく。 仕方なく1時間程引き返してレストランに戻るとちゃんと店の人が保管してくれていた。 田舎の素朴さに助けられた思いだ。都会ならばこうはいかないだろう。 ただしこの2時間程の遅れがその日の日程を狂わせ、辛い帰路にした。

帰路は、まず東に、青島方向に車を走らせる。数時間走ると段々まわりの風景が変ってくるのが判る。これまでの麦畑とポプラ林の平原から、岩がごつごつとした丘陵地帯にかわる。
3297
クリックすると元のサイズで表示します

荒れた土地のようだがそれでも段々畑で人が耕しているのが見える。
3299
クリックすると元のサイズで表示します

断崖絶壁をもつ山も見える。
3303
クリックすると元のサイズで表示します

そんな山の頂上付近まで段々畑は続くが何が作付けられているかは判らなかった。ここらへんの農村は貧しいのではないかと思う。
3306
3309
3313
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

これから先、看板の中間に見える临沂市(Linyi)まで東に進んだ後、京ロ(サンズイに呂)G2号線を南下し上海に向かう。
3312
クリックすると元のサイズで表示します

下に書いてある日照市は先の『現代中国農村の高齢者と福祉』の舞台。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2271/trackback

Google mapだとここ

大きな地図で見る

蒙山付近では農家が用水に苦労していることが判る。遠くから水路を造り水を引いているのが判る。
3319
クリックすると元のサイズで表示します

高架の水路が確認できるだろうか?
3318
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ