2012/5/11

4日目  杭州5


今朝の『ビジネス展望』は寺嶋氏。話題は新エネルギー大国としてのアメリカ。 理由は新エネルギーとなったシェールガスがアメリカ経済に活力を与えているとのこと。昔は使えないシェールガスが新技術により新しいエネルギー源となった。

これから先は自分の考えだが、
シェールガスに相当するものが日本ではメタンハイドレイトだろう。 
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1231/trackback

昔は注目され研究開発も盛んだったが、やがて日本は二酸化炭素削減と、1極集中化で原子力と太陽光に多くの研究資金が投入されるようになった。しかし原子力にはリスクと廃棄物という解決の難しい大問題があり、太陽光にはお日様が出ている時だけのエネルギーとしての弱点があった。

メタンハイドレイトには二酸化炭素削減との兼ね合いもあるとともに新たな温暖化ガスという側面もある。

あと日本で期待されるものに潮力発電がある。 これは風力や太陽光同様完全な再生可能なネネルギーであるとともに24時間可能。 しかしこれも漁業権との問題や、環境破壊の問題、さらに先の1極集中化で追いやられてしました。

リスクを考えれば多極的であるべきだろうし、効率を考えれば1極集中化、なかなか難しいところ。


<4日目>
昼過ぎにノロノロ起きだして1時過ぎに結果的に乌镇(wuzhen) に行く事になる。何故かキャンプ用品も積み込んだので最終的な計画なしで決めたことのよう。 しかし乌镇はこれまで色々聞いていたし有名どころではあるので1度試しにいくのは良い事だと同意する。

一路、上海方向へ車を飛ばし、嘉兴の近くで高速を降りて散々迷ったあげく到着。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

途中イチゴを2パック入手、1パックで15元。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

乌镇の町の中をまた散々迷ったあげく行き止まりに出くわす。

クリックすると元のサイズで表示します

バイクタクシーのおじさんに道案内を頼みGolden River Side hotelに決める。

クリックすると元のサイズで表示します

River Sideの名前は嘘で川もないし、乌镇からも離れている。乌镇前には沢山のホテルがあったがちょっとレベルの問題からそれを敬遠しての選択。

クリックすると元のサイズで表示します

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ