2012/6/27

問題はピークカット  震災ー原発事故

<問題はピークカット>
昨日の『ビジネス展望』は京大のもろとみ氏。同氏は原発再稼働に対して福島の検証も、省エネについての検討も十分でない状況での再稼働にはやや批判的。ただ計画停電のリスクから仕方ないという雰囲気もあった。

個人的には省エネについての検討が全然出来ていないという感じがある。

職場の例で言えば、照明の半減(自宅でもLEDへの転換もそうだったが)やエレベーターの半減はほとんど省エネ効果はなく。やはり空調や意外とパソコンの省エネ設定が大きかった。そのような情報を広く流すべきだ。

また別情報では家電特に最近大型化しているテレビも省エネ対応でも「意味なく付けっぱなし」は電気をかなり食うらしい。

それに問題はピークカットである。夜間電力の停止(ネオン等)などは意味がない。ま、心理的効果を狙ったのかもしれないが、これは人々の気分を低下させるので逆効果かもしれない。

ここでもやはり「数字で示す」ことが重要だと思う。「イメージエコ」や「気分だけエコ」は百害あって一利なし。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ