2006/9/24

今朝の報道から  試行,指向,志向、思考

『報道2001』でかつて「Mr. YEN」と呼ばれた榊原氏(現、慶応大学教授)が次期首相の安倍氏の経済政策を批判して「安倍氏の掲げる3つの提言、open, innovation, challenge のうち、後の2つは民間がやるもので、政府の行なう事項ではない」と指摘されていましたが、まさにその通り! 先に指摘した通り、安倍さんの言葉には小泉さんと違い具体性がない。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/249/trackback

それにしてもTV番組で経済問題での議論を聞いていると、知らないことが多く勉強になる。これは他の話題、例えば「科学」や「歴史」の時は議論が薄っぺらく失望することが多いのと対照的。それだけ私が経済音痴ということ。これは今後の課題。

参院の竹中氏が小泉首相の退任に合わせて参議院議員を辞職することに対しある自民党議員が批判しているニュースが出ていた。 竹中氏に1票を投じた有権者の批判なら納得出来る。しかし少なくとも自民党議員が言う資格はないと思う。竹中氏は参院で、比例区最高の72万票を獲得し空前の大勝利をもたらした功労者の一人。有り余った票を候補者リストに適当に挙げた人も参議院議員になったではないか?! 彼の人気を最大限利用したのは自民党、しかも彼に議員資格がないということで大臣に就いていることに批判をしたのも自民党の議員。「恥を知れ」と言いたい。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ