2006/11/22

『ジハードとフィトナ』5  お勧めの1冊

5章、サウジアラビアについての記載は特に目新しいことがあったわけではないが、興味深かった。 莫大なオイルマネーの流入により1980年代に人口の爆発的な増加があったとか、このころの出生率は8.26人で2000年時点での4.37人のほぼ倍である。 この頃生まれた世代が今日巨大な不満を抱える層となっている。p226  

実は西欧中近世史家のE トッドも『原理主義とは何か』で全く同じようなことを述べている。彼曰く、「イスラーム原理主義の真の意味は人口学的移行期の危機である」と述べ出生率から議論していた。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/33/trackback
なおこの間、サウジアラビアの国民一人当たりのGDPは半減している。これは人口が倍増するのにオイルマネーによる収入がついていかなかったことによる。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/59/trackback
若者の大量失業と一部の特権層の信じられないような贅沢。それに王族による圧政。 しわ寄せを喰らった者達の怒りが爆発しない方がおかしい。 

これは1979年のメッカの聖モスクが過激派に占拠された事件にも象徴されるだろう。 この事件について我々日本人はほとんど知らないが、これはイスラーム世界にとっては衝撃的な事件だったらしい。事件後サウジアラビア政府は64人を首切りの刑にし、その他の者については国外に追放しアフガニスタンのソ連に対するジハードに参加するようにしむけたとか。p237 やがて彼らが再び歴史の表舞台に出るのは9-11以降。

5章の最後に著者が9-11実行犯の故郷を訪れる描写がある。彼はそこに赤貧を洗うがごとき生活に明け暮れる遊牧民を見る。 片方で贅沢の限りを尽くす王族、富裕層、著者は此処に「サウジアラビアのジレンマを垣間みた」という。p257

ちなみに、イラク戦争のことをある人は「対テロ戦争= War on Terror」を 「間違い戦争= War on Error」 と呼ぶらしい p274  笑うに笑えないブラックジョークである。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ