2015/6/28

ジェネリック医薬品 & 本性が現れた  教育

ジェネリック医薬品
日曜の「報道2001」はジェネリック医薬品について。

クリックすると元のサイズで表示します

現在血圧の薬を飲んでいるが、その情報と効果を自己管理している。その情報を持っていれば医師と対等の立場で議論できる。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4011/trackback

クリックすると元のサイズで表示します

是非いま使われている医薬品がジェネリックかどうかを以下のサイトで検索して貰いたい。こういう情報が全く知らされていない、教育されていないことにも問題があるのでは?
http://www.kegg.jp/medicus-bin/search_drug

クリックすると元のサイズで表示します

医師からは何も言われてなかったが、現在使っている薬はジェネリックであることを確認している。(ニフェジピンCR錠40mg「サワイ」:ジェネリック医薬品)

薬と一緒に薬局からもらった紙に薬の「一般名」と「商品名」が書いてあるはず。これを上のサイトの「検索」に入力すれば瞬時で何時でも何処からでもタダで判る。薬にも図で判る様にオリジナルなものとジェネリック(後続品)があることが記載されている。

因みにこうした情報が一般の人にはほとんど教育されていないことを以前から問題にしていた。それで数年前から「一般教養」で情報検索法として大学1年生に教えている。シラバス上では対象外だが言わばボランティアとして。

化学物質については此処で、
http://www.nite.go.jp/chem/index.html
http://www.safe.nite.go.jp/japan/db.html
「免責」をクリックして先に進む。

医薬品については此処で、
http://www.genome.jp/kegg/medicus.html

後者は日本語サイトに移動してお試しあれ。なお情報はweb上でリンクされているので様々なデーターベースに飛ぶ事も出来る。

それにしてもこうしたデーターベースは日本のサイトは少ない、こうした目立たないが重要な仕組みはアメリカが一段も二段も上。



安倍氏が「新聞社を潰せ」発言が出た自民党の勉強会について、謝罪も責任者の処分も否定しているらしい。 党は流石に謝罪、処分を済ませたが、あの「文化人」の盟友である安倍氏が本心から謝罪をするはずはない。そろそろ本性が現れたというところだろう。

安倍氏の理想とする国のよい例がすぐ側にある。あんな国がそんなに好きなのか?



「明日への証言」
その後のNHKの「明日への証言」で思ったこと。想定外のこと(実際には想定されていたことも無視・放置されていたのだが)が次々に起こったのが今回の震災による原発事故。 いま安倍政権は万全だと云うが、原発を再開していいのだろうか? 先日、安全が確認されたものについては再開について賛成だとしたがこれも揺らいでいる。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4058/trackback

想定外はまさに前もって想定されないから「想定外」なのだ。同じことが再度起こらないという保障は何処にもない。 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ