2015/8/31

出雲神社行3  

明日まで夏休みでゆっくりしているので、もつ1つup


出雲神社行3
博物館からまた大社前の道に戻る途中で楠の大木を見つける。

クリックすると元のサイズで表示します

http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3157/trackback
これら「照葉樹林」は日本の稲作文化と深いかかわり合いがあると考えている。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3641/trackback

先に紹介したように、寧波の補陀山には楠の大木が<沢山>見られ、
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3156/trackback
また杭州市内でも観察された。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3471/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3470/trackback

私は文化史的な面、稲の遺伝子的解析などの自然科学的な面など、様々な状況証拠を考えると、日本の稲作文化の大半がこの江南の地から来ていると考える方。

大社の周りを向かって右側から裏に回ってみる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

いつも神社にくると周りを廻ってどのような神様が祀られているかを観察するが、特に変わったところはない。一番後ろに素戔社がある。その裏はすぐ崖になっていて裏山に続く。

クリックすると元のサイズで表示します

写真の表示板の左側部分。 

クリックすると元のサイズで表示します

隣に神様の宿泊所(西十九社)なるものが建っている場所。

クリックすると元のサイズで表示します

http://www.izumooyashiro.or.jp/keidai/other/index.html

ここら辺は太宰府の方が厚みと深みがある。太宰府では裏には長い鳥居が続き、その先に狐を祀る神社ありそこで終点となる。鳥居は神様の道なのでそれを辿れば、太宰府のアルカイックな姿=アニミズムを想像させる。 多くの人はそこまで鳥居を辿らないので知られる事は少ないのではないか? 地図上右上の太宰府稲荷神社がそれ。
https://www.google.co.jp/maps/@33.522306,130.535767,18z

同じようなことは地元の宇美神社でも観察される。ここでは稲籾と龍神・水神。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3157/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/19/trackback
共に天皇制イデオロギーによる脚色がなされたのは後代のことだろう。もっともこのような考えはある種の人たちにとっては、受け入れられない考えかもしれないが(笑)

ほぼ境内を廻り終えたところで雨が降り出す。段々酷くなり最後には土砂降りとなったので駐車場まで走る。傘は用意していたが、数時間前には土砂降りになるとは予想できなかったので持たずに参観してしまったが、何とかあまり濡れないうちに車に辿り着いて幸運だった。この後はホテルにGO!クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ