2007/1/31

「非科学的」なことが問題ではなく「捏造」が問題  

昨夜は久しぶりのスポーツクラブで2本もエアロをとってしまった。やり過ぎは故障の原因。自重しなければ! 

このところTangoの特別WSを別に取っていたこともあり、Tango週3回に、Salsa1回で計4回もTIにいく羽目になりご無沙汰続きだったこともある。 月々それなりの会費を納めているわけで、勿体ないこと。これから回数は少なくとも定期的に通いましょう!

健康に関わるTV番組での捏造事件。かねてから <騙される方がおかしい> という過激な考えだから、余り発言すると批判されると思っていたが一言(汗) 周りを見渡せば、あんなものは幾らでも転がっている(断定!)

『EGF含有の化粧品』だの『コラーゲン入り健康食品』
いつから皮膚は蛋白の成長因子EGFを吸収出来るようになったのか? 
腸管はいつから蛋白をそのまま体内に吸収出来るようになったのか? 

基本的には中高生で習う科学の知識で知っておく事柄だが、特に指摘されないまま看板や新聞の広告欄に今でも堂々と載っている。TV局が批判されているのは事実に反することを報道したのが原因ではなく、 ことを『捏造』したことが問題なのだろう。
0



2007/2/1  7:16

投稿者:Hiroshi

正直なところ、まともに反応するのは「大人げない」と云うのが多く
に研究者の気持ちではないでしょうか? 私の知るある研究者はあの
「血液型性格診断」の話が出ると(血液型関係の専門家)露骨に嫌な
顔をされます、自分の聖域が犯されたみたいな。 

何となく気持ちは判りますね。

2007/1/31  12:24

投稿者:kspaws

過剰報道、過剰宣伝、多くの無知なる日本人が惑わされてる現状をみるとき、いつか被害者が出る気がしてならない。
多くの科学者、研究者の真摯なる発言を求めたい。
さあ、日本が誇る研究者達よ、対岸の火事ではない。研究室のドアを開いて批判の声を。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ