2016/2/18

初日(2/9)火曜   上海3

初日(2/9)火曜:福岡〜浦东

いつもの時間(朝7時頃)に職場に行き車を駐車、地下鉄で空港に向かう。1週間以上の場合は少し手間だがこれでかなり駐車代が節約できる。今回だと9日間、9,000円が地下鉄往復代金だけですむ。その分、土産物とか買える。

時間に余裕があるのでしばらく職場でメールを読んだり、ネット検索してから空港に向かう。いずれにせよメールはAOLに転送しているので旅先では読めるようにはなっている。ちなみにこの休みの間に入ったメールは全部で78通だった。 これだけ多いと全て現地で対応できなくともあらかじめメールを読んでおくと帰国後仕事が半減する。

<換金>
福岡空港の銀行はいつの間にか2Fから3Fに移転していた。とりあえず元とバーツに両替しておく。元は無駄にならないし、手持ちが少なかったので少し多めに2,000元分=39,240円(Rate=19.62)ほど。 バーツは向こうでATMやクレジットカードが使えるはずとあらかじめネットで調べていたので少なめに2万円程度。(5,000Thb=18,800円, Rate=3.76)空港では換金率は悪いが仕方ない。

実際ATMはKrabiもPhuketも街のあちこちにあった。しかしATMでバーツを引きだすことは一度もなかった。この団体旅行の旅では現地の添乗員さんが元をその場で必要に応じてバーツに換える仕組み。そんなわけで、上海浦东のATMでさらに5,000元ほど引き出させられる(涙) しかし今回の様に移動が多くスケジュールが詰まっている団体旅行(朝8時出発〜8時頃ホテル着、その間貸切バス移動)ではこれがデファクトスタンダートか? もちろん、それにより添乗員さんにも利益が転がる仕組み。


<サービスセンターでの客引き>
浦东空港近くのRamada Air port hotel(上海浦东华美达广场酒店)泊ということで、空港のホテルサービスセンターでシャトル・バスの乗り場を聞こうとしたところ、ここで一騒動起こる。

サービスセンターでRamadaより安いホテルがあるから、それを紹介すると係員が言う。既に予約を入れているからと断ると予約を入れたZY(故郷から高鉄で上海浦东に向かっている)に電話をかけRamadaをキャンセルさせ、別のホテルに泊まらせようと一悶着。結局、ZYが断って最初のホテルに落ち着く。いやはや国際空港内のサービスセンターでも客引きがあるのか? まさかと思っていたので、危うくその手にのるところだった。 皆様御用心あれ。

ホテルにランドセルを背負った子供2人を連れたChinese speaker 家族。ここでランドセルの普及を見るとは驚いた。

クリックすると元のサイズで表示します


<見えない未来に向かって爆走?>
題名は男子汉さんのblogからのパクリです(汗)

話によればいまの仕事は今年一杯でやめるつもりとのこと。以前から時折話には聞いていたが、ついに来たかと云ったところ。最大の理由は現状では今の富裕層相手の仕事には将来性がないとのこと。曰く、

「お金の問題ではなく、政治の問題」だとも。

どうやら腐敗追放、贅沢禁止で売り上げが伸びる見込みがないということらしい。去年も10万元程度の赤字になったと言っていたが、状況は悪くはなっても、良くはなってないらしい。 それにしても「政治の問題」だとの言葉は昔を知っている私にとって意外な言い回し、日本語能力は向上した?

心配して纏まったお金が必要かと聞くと、「お金の心配はない」という。 そんなことより数年後、定年退職後の中国移住のために今はお金を無駄にせず、貯めてくださいとのこと。 本人は意外とあっさりしていて別の仕事を検討中だとも。ただし、「あと2〜3年は中国でビジネスをスタートするのは止めたほうがいい」とも。

妹夫婦は、彼らがやっている衣料関係の仕事を勧めているらしいが、本人は自分に「センスがない」と乗り気ではない。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2903/trackback
「センスの問題ではなくビジネスの勉強だと考えては」と勧めると「考えてみる」との返事。私の心配をよそに本人は意外と楽観的。さて今後どうなることやら。

それにしても中国では身内だけが本当の意味で頼りになるというのを改めて感じた次第。
0



2016/2/19  21:49

投稿者:Hiroshi

そうなのでしょうが、それまでどうするのか?

心配しないわけにはいきません…

2016/2/19  10:08

投稿者:男子漢

確かに中国は転換期を迎えていますからそういう意味でも2,3年様子を見るというのは正解だと思います。
特に腐敗取締りの影響は大きいようで、役人も表立っては何も受け取らなくなっていて、建築関係の手続きに時間がかかって仕方が無いようです。
中国では賄賂が潤滑油の働きをする一面が有りましたから。


http://ameblo.jp/nanzuhan/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ