2016/6/27

『紫禁城史話』  お勧めの1冊

日曜TV特番は英国のEU離脱で沸いていた。これだけの混乱が世界中で起こるのは、今回「折り込み済み」といった動きがなかったからだろう。日本も1,000社ほど英国を拠点にした工場を持ち、関税のかからない利点を使いEUに輸出をしようとしているが、EUは今後英国に対して懲罰的条件をつけるだろうから、その目論見が外れることになる。

問題はいろいろな面であらわれるだろうが、例えば世界の金融センターであったロンドンが今後どうなるだろうか? なにしろシティーは1日あたりの外国為替取引量は世界の40.9%。アメリカの18.9%の2倍にも上る。(日本は全体の5.6%) 中国のマスコミも『英国若退出欧盟 伦敦就独立?』とこれを伝えていた。
http://finance.qq.com/original/MissMoney/mm0232.html

クリックすると元のサイズで表示します



『紫禁城史話』
中国皇帝政治の檜舞台、中公新書1469、寺田隆信著、1999年初版

明から清への王朝交替は伝統的な「易姓革命」の1つと考えられるが、同時にそれまでと全く異なる意味もあった。それは異民族である、夷狄による支配だったことだと著者はいうが、p43 それならば宋から元への王朝交替はどのように当時理解されたのだろうか? というより異民族支配は中国の長い歴史の中では五胡十六国時代の北魏にはじまり、隋唐も純粋に漢民族というよりは異民族的要素が濃い。それなりにあったように思えるのだが?
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3875/trackback

世宗(雍正帝、1722〜35)は諸政の刷新を目指した。その1つが軍機処の設置であり、奏摺政治だとする。

前者はわずか20人程度の部局で何よりも迅速に、かつ機密保持を維持した上で、漢文文書と満文文書が処理されたらしい。乾清門の左手にあり北に上がって養心殿まで100メートルくらいだとか。p113
http://www.y-history.net/appendix/wh0802-016.html
下の地図でようやく発見。
http://photo.xuite.net/tyzzshuhwu/5347891/583.jpg

Google mapもすごいちゃんと探せます。隆宗門のすぐ上(北)。
https://www.google.co.jp/maps/place/隆宗門/@39.9187121,116.3944962,17z/data=!4m5!3m4!1s0x0000000000000000:0x32bf5ab18c5c5939!8m2!3d39.9187121!4d116.3957021

写真もGoogleで発見
https://www.google.co.jp/maps/@39.91896,116.395691,3a,75y,90t/data=!3m8!1e2!3m6!1s42322414!2e1!3e10!6s%2F%2Flh3.googleusercontent.com%2Fproxy%2F2MXxwf5DtqKcTHxlOuXGWInp9ZB5t98cTkAiXk0LVkf9bqZBvyv3SK4y4CHFJ_5QsNfN5_eaPLzn1WfLIW6ph_5BNIaIag%3Dw203-h152!7i3648!8i2736

もう1つの奏摺政治というのは、文官ならば府知事、武官ならば師団長クラスが任地に行き、そこでの実情を直接、皇帝に奏摺を持って報告させたこと。毎日数十通に及び、しかも皇帝自ら返書もしたとか。すごいことだ。その中で公表可能なものを選び出版したのが『雍正硃批諭旨』とか。p115

そのほか、人頭税をやめて地丁銀制度にし、実質減税を行い。 また「火耗」を「養廉銀」に変更し汚職撲滅に効果があったとか。
http://www.npm.gov.tw/exh98/yongzheng/jp01.html

また死後の帝位継承についても自身の辛い経験から、「太子密建(秘密立儲)」制度を定め、世継ぎの実名を記した紙を箱の中に収めて密封し、内廷の乾清宮に掲げられた「正大光明」の扁額の裏に置きその後の清朝で帝位が平穏に継承される先例を作ったとか。

こうしたことを見ていくとこの雍正帝はなかなか名君ではなかったように思うが、後代の評価は皇位継承をめぐり競争相手だった肉親や君臣を次々と粛清ことで評価は分かれているらしい。それについては、「いーちんたん」さんのblogに詳しい。以下の記述1回目をはじめに、
http://blog.goo.ne.jp/yichintang/e/06558cdcfd5fa4aa11ce5bd03fed5330
以下の記述まで22回にわたって詳しく解説されている。
http://blog.goo.ne.jp/yichintang/e/78d9a7a85d8ee7dcc89a81bf46a61561
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ