2017/11/30

『欲望の資本主義』3  お勧めの1冊

『欲望の資本主義』3
第3章はスコット・スタンフォード。あのUberのイノベンションを手がけた人物でゴールドマン・サックスに勤めていたとか。彼はイノベイションの意味に注目したり、影響を気にしたりはしないそうだ。『全てはリターンのため』と言い切る。p156 先のスティグリッツ氏とは正反対だが、それはよく分かる。

ここで(ウーバーの影響で)イエローキャブの倒産が話題になる。スタンフォード氏はそれに対し『灰は灰に、塵は塵に』といい、当然のこととしてコメントする。p190

実に筋が通っている。ただし、筋は通っていることが正しいこととは言えない点は指摘しておこう。この本のタイトル通り、『欲望の資本主義』かもしれないのだ。

ただ彼がいうことには納得できる。駐車場の中に車があるが、ほぼ1日中駐車していて、1日精々5キロか、最大でも50キロしか走らない。自動運転ならはそのようなことはないという。それはそうだ。自動車が共有物になり運転手が不要ならば普通の人は所有する意味さえなくなるだろう。そして彼は「10年は今のシステムが続くだろうが、その後はわからない」という。これは驚くべきことだ。そうなるともはやタクシー運転手のことだけではない。自動車産業界そのものがシュリンクするということを意味する。

最後の章で、現代は需要不足と供給過剰の時代だという。それならば供給を指標にしたGDPは最早、時代に則した経済指標ではないかもしれないとの指摘はなかなか的を得たものかもしれない。p218
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ