2018/12/29

正月休み & 学者と評論家の違い  試行,指向,志向、思考

<正月休み>
今日から正月休みということで(定年退職者に休みもクソもないが)午前中は年賀状書き、午後から今日が最終日のスポーツクラブに行く。夜の部と違ってメンバーは女性がほとんど。トレッドミルで300kcalとエアロビクス1本で今年は締める。年明けは3日からだとか。ただし今日同様、夜の部はなし。

<初雪>
朝から寒気が大陸から吹き込み、初雪。ただし積もるほどではない。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


<学者と評論家の違い>
昨日から『英エコノミスト誌のいまどきの経済学』という本を読んでいる。なかなか面白い。「はじめに」で、以下のようなことが書かれている。

『経済学の最大の効用は、個々の疑問に対する回答というより、多種多様な問題を考えるのに役立つ一貫した枠組みを提示することにある』px

この対極にあるのが、所謂<経済評論家>と称する人たちの言動だろう。彼らは個々の問題、とりわけ政策に「イチャモン」をつけるか、あるいは逆に「ヨイショ」をする。何故なら彼らはそれで<飯を食っている>から。つまりよく言えばposition talkであり、悪く言えば利益誘導
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5518/trackback

先日も政府のポイント還元に反対する某経済評論家のblogで「レスキャッシュへのインセンティブとして評価しては?」と書き込んだら、そこに屯する<同じ穴のムジナ>から猛反撥が来た。
http://blog.livedoor.jp/columnistseiji/archives/51760918.html#comments

彼ら屯するムジナは<沈黙のスパイラル>の中にいるのだろう。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5612/trackback

その後、コメント欄で騒動?を起こしたことに対する、詫びのメールに対してこの某評論家はこちらの趣旨を理解しようとしないだけでなく、

『本を読まれていることは分かりますが、もう少し、自分の考えとして消化した上で意見を言うべき』

https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5601/trackback

とのお叱りの言葉が来たが、これは学問の世界では「剽窃」になる、ということが分かっておられないようだ。所詮評論家は学者・研究者ではないということ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ