2020/4/3

コロナ脳2+番外編+『裏切り者の中国史』2  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
アメジストリーグ 180XP。+50 二十五分钟。
今日もコロナ脳で勉強できず。いつまで続くのかこの意識状態。

运动;爬山散步212kcal和一个Zumba课


<三密クリアー!>
今日もジムに行くが主な目的は「様子見」、スタジオの参加者が地下鉄やバスより人が多ければ参加しないつもりだったが、三密に注目した結果、すべてクリアーで参加に決定。

1)密閉;スタジオは換気最大でドア全開。

クリックすると元のサイズで表示します

2)密集;広いブルースタジオにはいつも50〜60人入るが、今回からチケット制になり最大40人制限。トレドミルをしながら観察すると参加人員はいつもの1/3程度。最後に参加の札を入手。番号は21番。最終的に22人参加で人との間は〜5メートル程度が確保される。

3)密接;もともとZumbaは言葉での合図がない。身振り手振りで動きが合図されるが、今回は特にインストラクターが正面を見て一方向性で発声無しで運動。会員さんもいつもの奇声(笑)をあげる人はおらず問題無し。



<東京タイプに変更>
福岡の感染動向を示すサイトが今日から東京タイプに変わった。
https://fukuoka.stopcovid19.jp

以前からこの東京のスタイルが一番良いと思っていたが、ようやく取り入れた?  何れにしてもこれを見て「あ、福岡も時間の問題か?」と思う。

今の所、福岡では死亡者はもちろん、重度はおらず、すべて軽症者なのが救い。独断と偏見によれば、これは取り込むウイルス量に比例すると考えるので、濃厚地域汚染にはまだ到達していない?




『転ばぬ先の経済学』番外編5
最後に著者の子供の時の話が出てくる。1950年代末、彼のお小遣いは週25セントだったらしい。そこで彼は考えた、空き缶を1個お店に持っていけば1セント現金でくれたらしい。もし、それを商品の代金の一部にすれば2セントになる。そこで彼は母親に交渉して、買い物に行き代金を定価で引き換えた。p357 つまり10個の空き缶を持って行きお店で10ドルの買い物をすれば、

10ドル - 10 x 2セント = 9ドル80セントをお店に払い、母親に10ドル貰えば余分に10セントの20セントを稼ぐことができる。週25セントのお小遣い額を考えるとこれは半週間分の余分な稼ぎ(=普通に空き缶集めをするより)に近い。これも1種の鞘取り(=裁定取引)だという。何かの物品について、自分にとっての価値と他者にとっての価値を比較してその差を利益にすること。p355 流石だ!



<コロナ脳2>
コロナ感染に対する関心は今やすっかり日本を含む世界での感染に重点が移っている。確かに世界での増加傾向は止まらず、逆に中国での感染数は減少を辿っているように見える。下の右側の地図は現時点での感染者数を表したもの。確かに中国の数はひと頃に比べると大幅に低下している。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし、減少率で見ると中国で患者数の減少は頭打ちになっている(赤線)。ひと頃の減少率(青線)とは異なるパターンを示す。これはフェーズが変わったせいだとは言えないか? 思うに、これが先に考えていた第二波を示すものか? スペイン風邪は四波きたとか。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6117/trackback

同様な変化は世界における感染者数の動向にも見られるが、こちらの場合は増加動向がやや当初の急激な上昇から上下に変動している状況になっている。これは各国の都市封鎖や非常事態宣言の効果だろう。



『裏切り者の中国史』2
4章は司馬懿。ここでも『資料的に立証することはできない』としながらも、『充分、考えられる』p119 とするのはちょっと… それだけの自信があるのが信じられない。

著者自身が述べているように、『明帝晩年の失政を機に、魏王朝じたいが擁護すべき正当性を失っていく』p123 ならば簒奪というよりも天命だとは言えないか?

5章は東晋王朝の滅亡に登場する反逆者たち。西晋が滅んだ時、王朝の一族である琅邪王、司馬睿が琅邪から脱出し、琅邪の貴族「王」氏を引き連れ江南の地(現南京)に行ったとか。春秋の時代から江南と琅邪は沿海に沿って繋がっていたことがわかる。この時代に華中、華北の人々は江南に避難したという。何度かの南方避難のうちの1つらしい。p132
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5141/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4370/trackback


<データーベースとして>
諸葛亮の食事についての話で当時の一合は現在のほぼ 1/10だとか。つまり彼は晩年1日、2〜3合しか食べていなかったとか。p114 つまり、今のごはん茶碗1杯弱の少食。

司馬懿が遼東の公孫氏をかなり残酷に根絶やしにしたとか。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3213/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5927/trackback

琅邪の貴族「王」氏の1人に王羲之(AD307〜365)がいる。p138
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5680/trackback
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ