2020/4/18

『アダム・スミスは…』3  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
アメジストリーグ 290XP。+100 二十一分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=EtYpcNnapXU&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=7
HSK1,6〜7. 背了四十六分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=HblBuOqJF4A
https://www.youtube.com/watch?v=OIvkMGewxM0
テレビで中国語, 看五十分钟电视。

https://www.youtube.com/watch?v=CATS3KGLq6c
中国語フレーズ1000、0~13.15min, 作文了五十一分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=2kD9FZ41WRg&list=PLoWkSnQu8dvFgVtV-AtBM3YRzbUVGljTc&index=92
ブレチャイな! 91~92. 学习十五分钟文法。一共三个小时三分钟。

运动;散步4.2km,5465步,19楼



<処方は受診が必要>
前回の受診がかなり前のため、処方は受診が必要との連絡が来た。このコロナを契機にオンライン受診・処方の試みが行われないかと期待したがまだ無理のよう。とりあえず来週に予約を入れる。



<データー訂正の作法>
今日中国のコロナ関連データーを調べていたら、急激に千人近く死亡者数が増えていた。何が起こったのかと思いあちこち聞いたり、調べたりしたらどうやら統計の間違いで漏らした死亡者数がいるのを今日になり加えたことのよう。

以前もCT診断を確定診断に後から加えたりしてデーターの統一性を欠くことがあった。勿論、現場が混乱しているからだろうがこうした場合は2つのデーターを並列で記録するのが科学的には正しい作法だと思う。下図の矢印部分

クリックすると元のサイズで表示します


<コロナ危機とフリーランス>
木曜夜のNHK「クローズアップ現代」でフリーランスの苦境を知る。ジムのインストラクターを沢山知っている。彼らも殆どがフリーランス。今、どうしておられるのだろう。唯一知る人のblogは3月25日を最後に更新されていない。前回、

『個人事業者でも雇用保険が有るはず。そうした「もしものこと」を考えることができないのは「サル化している」と感じる』 
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6123/trackback

と書いたが、調べてみると,

<フリーランスは自らが事業主であり、雇用される立場ではありませんので、雇用保険に加入することもできませんし、失業保険を受給することもできません> 

とある。実態を知らなかったと反省している。

しかし… 個人事業者が入れる民間の保険はあるはず? 居酒屋(寿司屋?)のマスターが病気になった時、その生活費の保障をする保険のCMがあるが?? これは違うのだろうか? ご存知の方があればコメントくだされ。いずれにせよ、フリーランスの人はそうした民間の保険に入っておくべきだとは思う。保険はもともとそういうもの。



<デマゴーグ>
TK氏、このところ流石にデマが酷すぎる。

本人は材料工学が専門のようだが、以前にも昔の自分の専門であった放射線医学関連で酷い間違いを述べていた。勿論、中にはマトモなことを述べていたことも多々あるが、流石に今回は人の命が関わる。

以前から同氏は盛んに 『COVID-19は普通の風邪と同じ』 と発信していたが、政治家や政府ならば兎も角、一般人相手に「今は批判するべき時ではない」と思い、見て見ぬふりをしていた。しかしさすがに最早「有害人物」だと感じ始めた

COVID-19が普通の風邪と同じなら、イタリアのロンバルディアやNYで起こっている医療崩壊は「幻想」なのか? それでもこれまで我慢して黙っていたが、流石に自分の専門分野に関わるところで今またデマを流すに至って我慢ならなくなった。同氏曰く、

『PCR検査はあてにならない、何故なら普通のコロナウイルスも検出される』

RT-PCRのプライマー設計では同類の他のコロナウイルスの遺伝子がひっかからないように慎重に特異的DNA配列が検索され検査される。通常アルゴリズムで候補配列が選ばれた後に、実際のサンプルで誤反応が起こらないか慎重にテストされる。その上での実施。そうでなければ犯罪捜査にDNA鑑定など使われるはずがないではないか?! この捜査で一番信頼性が高いとされるSTR法でもPCRが使われている。
http://alfs-inc.com/DNA/001.htm

少し考えたら判りそうなことだが、この方はDNA学について無知なのだろう。盛んに「虎ノ門ニュース」とかいう怪しげな配信動画で危険なデマを流しているが、世の中には彼の話を信じる人もかなりいる。困ったことだ。



『アダム・スミスは…』3
第四章はアルフレツド・マーシャル。彼は貧困の問題について研究した。冒頭、格差についての現在のトマ・ピケティやジョゼフ・スティグリッツについて仕事を紹介する。p99 彼の弟子の中にあのケインズがいたらしい。p120 

彼のモットーとしたものが、彼の研究をよく表しているかもしれない。p122
1、 数学を表現手段として使用する。
2、 それを続ける。
3、 言葉に置き換える。
4、 実生活の中の重要な事例に使用する。
5、 数学を解除する。
6、 4がうまくいかなければ3を取り消す。

ところでケインズは経済学についての正式な学位や資格を持っていなかったとか。彼は数学の学位をもっていたとか。p120

ケインズの画期的な業績は大恐慌の産物だったと著者は言う。それまで古典派は「長期的」には経済は不況、好況が自己修正すると考え、景気回復を受動的に待つ姿勢だったが、ここでの「長期的」は本当に長い間で人口の調整をベースにするものだった(近代経済学ではこの長期は固定資本の調整となり、より短い)ケインズに言わせれば『長期的には我々はみんな死んでいる』と批判した。p165 

しかし1970年代には高インフレと高失業率が同時に進行するスタグフレーションの時代でフリードマンなどのマネタリストが台頭してきた。ケインズが失業問題を説明できたから流行したように、スタグフレーションの時代にはマネタリストなどの新古典派が復活したを言う。さらにこれは1980年代に再度、失業が問題化することでスティグリッツなどの新ケインズ派が脚光を浴び始めた。169

<データーベースとして>
1976年にイギリスはIMFからの救済を受け40億ドルの融資を受け財政支出の削減を求められたとか! 知らなかった!p168


クリックすると元のサイズで表示します
0



2021/1/9  17:29

投稿者:Hiroshi

TK氏とは武田邦彦氏のこと。炎上しないように時間差で記録しておく。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ