2020/8/5

新たな1冊 & 『疫神と福神』2  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
アメジストリーグ 20XP。+20XP 七分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=EtYpcNnapXU&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=7
HSK3, 2〜3/3 背了四十二分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=KpGSRXipSe4&list=PLoWkSnQu8dvFgVtV-AtBM3YRzbUVGljTc&index=70
ブレチャイな! 66〜70 学习四十三分钟文法。

https://www.youtube.com/watch?v=M0NY-AurpFs&list=PLeYT_HGPLwrsKLSRgTRe88d6Pm9mW1mi9&index=16
ChinesePod Traditional Characters, 15〜16,学习十六分钟频道。

https://www.youtube.com/watch?v=vs6x2cPpiyY
https://www.youtube.com/watch?v=vCuZ9Q5SJ2g
ヤンチャンCH/楊小溪 看二十四分钟频道。

https://www.youtube.com/watch?v=DWGDv2tnuh4
https://www.youtube.com/watch?v=VfpNmzzdvPk
李姉妹ch 看了二十一分钟频道。

https://www.youtube.com/watch?v=BpwFfmOdqeA
テレビで中国語,看二十四分钟电视。

https://www.youtube.com/watch?v=BdgDpcrYZr0
https://www.youtube.com/watch?v=D5AQrACX8uE
https://www.youtube.com/watch?v=i_TcUeoLtCQ
くまちゃん, 看了二十三分钟频道。一共三个小时二十分钟。
助走段階。明日はもう少し!

运动;爬山散步 3.0km, 4310步, 12楼。



<予告編>
「お薦めの1冊」としての『脱・私有財産の世紀』。

いやはや驚いた! 今、上記の本を読んでいるのだが、知らないこと満載。しかも驚くようなことが書かれている。その1つが古代ギリシャ時代に遡る、古代アテネで行われた財産の自己申告制。

富裕層は軍事負担があるので誰しも財産を低く申請しようとするが、上手い仕組みで正直に申請することへのインセンティブを与えるという「アンチドシス」の仕組み。それだけでも驚いたが、それを現代に導入しようとした人物にあの孫文がいるとか。詳細はまたいずれ!

内容が難しいので(少なくとも経済音痴の私には)なかなか読み進められないが、間違いなく『お薦めの1冊』となりそう!



『疫神と福神』2
いろいろな伝染病があるなかで、とりわけ疱瘡が疫神で取り上げられるのはやはり、後遺症としての「痘痕」があるからではないだろうか? この痕を見るたびに人々には過去の記憶が呼び戻されるはず。

また、1つの問題提起として、

<何故、特定の家だけが厄神様を祀り始めたのか?>  

というのがあるらしい。p50


…とまあ、いくつかの話を読み続けてきたが、すべて事例紹介、憶測に止まり。これらの史料を基にどのような解析が出来るのかよく判らない。多分、方法論が確立していなのだろう。それゆえ全然話が先に進まないように感じる。

「これは学問研究なのか?」。民俗学とはもともとこういうものか? 単なる史料収集に過ぎないと感じてしまう。厳しい反論は覚悟の上(汗)

地理的分布だとか、統計的処理だとか、経時的変化だとか、何か工夫してできないものか?といろいろ考えを巡らせてみる。頭にあったのは、あのToddの『ヨーロッパ大全』での分析方法。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/15/trackback

以前この『ヨーロッパ大全』について、以下のように述べたことがある。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1977/trackback

『この本を読むと「目から鱗」、歴史的事件も、1枚の歴史的美術品の写真もなく、夥しい数の資料と地図をもとに語られる新しい歴史学に驚かされた』



クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ