2020/12/31

年末のご挨拶  

<年末のご挨拶>
今年もついに今日で終わり。この1年、コロナ禍により大変な年になりました。当初は普通の風邪ウイルスだと思っていましたが、不顕性感染により若者を使い感染を拡大し、持病を持つ高齢者を標的にする悪質なウイルスであることが分かりました。

このウイルスはそれ自体の脅威もさることながら、自由国家と独裁国家の対応の違い。正確に言えば、独裁国家のコロナ対応の素晴らしさと、日本を含む民主国家の対応の拙さを際立たせ、時に自由と民主の価値に「迷い」を感じた事が何より衝撃的でした。

周囲を見渡すと、コロナにより失業に追い込まれた人を個人的に知ることもあり、1日も早くコロナ禍被災者の方々の生活が安定するよう願うばかりです。そのためにはワクチンの1日も早い地球規模での普及が必要で、狭い一国主義にはまる事は許されません。それしか、以前の世界に戻る道はない事を世の政治家には肝に銘じて欲しいものです。

自分自身の生活では、コロナのため家籠りを強いられる生活となりました。これまで自分自身がそれほど外出大好き人間だとは思っていませんでしたが、毎日通うスポーツクラブを止めて、その分の余った時間を読書につぎ込めるかと思ったところ、まるで逆で集中力を欠いた日々が続きました。結局、解決法として部屋の中に籠るのではなく屋外で過ごすことが増え、それにより時折庭を訪れる野良猫や家猫との交流が始まりました。これが唯一、このコロナ禍で得た良い事でした(笑)

来年は1日も早く元の世界が戻って来る事を願い、それまで感染防御に気をつけお互いに頑張りましょう!

来年もどうぞ宜しくお願いいたします。



<街角ピアノ>
大晦日の昼のNHK–BSの「街角ピアノ」は広島、沖縄、シンガポールのリレー演奏。沖縄以外は一度見たことのある映像だがそれでもいい。シンガポールはコロナ前。今演奏した世界中からあの街にやってきた人たちはどう暮らしているのだろうか? 良質な番組は何度見ても損した気分にならない。



<三社参り>
コロナ対策で通常の時間帯を避けて三社参りに行く。ほとんど境内に人はいないが、時折参詣に来られる人は高齢者。皆同じ考え。

地元民しか知らない?宇美公園に車を停めて、まず胞衣ヶ浦参詣。そこから急な坂道が200メートルほど。途中宇美川を横切って南西の方向に直進し、宇美八幡本殿に至る。さらにそこから1キロほどさらに南西に進むと井野公園の頓宮に至る。下のURLの図ではその間の距離は縮めて書かれている。図だと22>本殿>24ルート。実際には頓宮まではかなりの距離があるので車で直接井野公園に直行し参詣する。
http://www.umi-hachimangu.or.jp/map/

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します



最後に洗車をして新年を迎える。皆さん良い年を!

クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ