2021/3/2

『ソーシャル・キャピタルの経済分析』5  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
ダイヤモンドリーグ +10XP,23780XP,一分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=-aNrg-q3u7w&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=9
HSK3〜4 #7〜9 背了五十八分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=GaT-pPDlQlU
中国語聞き流し講座 〜6min, 九分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=dADTBoYH6Fo&t=2898s
Eko 48min〜2h12min 一个小时二十六分钟。两个小时三十四分钟。

运动;一个Salsa课。振替クラス。

解除後の夜の天神界隈は依然として人は少なく、weekdayのせいもあるだろうが、誰しも慎重? フードデリバリーに新たにDiDiを見る。



<CHA CHA CHINA Channel>
日中のビジネスの違い、社会の変化について若者からみた視線。勿論、上海という土地柄も背景にあるが、それでも日本と中国を比べることは可能。
https://www.youtube.com/watch?v=t-D0NChOwh4

…これからの人は大変だと感じる。現役を辞めた時は無念な思いがあったが、これからの時代についていけるのか、最近になり時々自信がなくなる。「遅刻してくれてありがとう」の口か? 
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6349/trackback

日本が一番登り坂の時に現役を務めることができた。貧しい日本と有頂天の時期を共に経験したという意味で。以前、『緩やかな坂道をころがるように衰退していったオスマントルコの歴史と日本の現状を重ねあわせることがある』と表現したが、これからはそのような「長い下り坂」が待っているような気がする。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/3831/trackback




『ソーシャル・キャピタルの経済分析』5
先の本の紹介を再開する。なかなか理解が困難だが、これはこちらの能力の問題なので仕方ない(涙)

第四章では「住民主体の活動は地域の価値を高めるか」という命題に向かい。その地域の価値を「地価」で評価している。p70 対象地域としてデーター収集に調査の対象に「都市再生特別措置法」に基づき、整備計画を策定している市区町村が選ばれている。

当然、そうした行政処置自体が地価の上昇を誘起しないか? p73 それは十分ありうると思うが、それについてインターナル・コントロールを置いている。即ち、計画地域の中でエリアマネージメントが行われている区域と、そうでない区域をそれぞれ388地点、1,656地点選び、その比較で解析を行っている。p74

その狙いは理解できるが、それでも気になるのは <そもそもエリアマネージメントが行われている区域というのは地域住民がそれなりの効果があると信じている地区だから勧めるわけ> で、難しいと思う場合はそのようなことは行われないだろう。つまり十分なランダム化が行われているわけではない点だ。

こうしたランダム化実験は難しい点はあると思うが、その点が気になる。但し、こうしたランダム化社会実験は沢山の事例が知られている。『貧困と闘う知』や『貧乏人の経済学』で議論されていた。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5149/trackback

こうした問題点はあるとしても、著者の結論を述べると、初期の解析では商業地については有意に効果がありとされたが、住宅地ではなし、どころか逆に負の相関がでた。p78  さらに著者は解析を時系列比較で行うことで部分的に(関東地区では)有意に正の相関がでたという。p84  ここら辺は難しい解析なので十分理解できなかったが、それだけ「有意」というのはあまり当てにならないと考えた方がよさそうだ。

住宅地というのはそもそも地域住民のこうした活動をもって地価が決定されるとは考えにくい。何故なら我々が住宅購入を考える際にそうした情報は通常使わない。地価や交通、買い物、教育などの利便性をもとに決めているのではないか? もっともこのコロナで交通の利便性が薄れ、コミュニティーの重要性に少し変化が生じるかもしれないが、どうだろう? ワクチンが普及して数年後にコロナを人々が忘れる時代がやってくるかもしれない。

五章は解析手法とデーターの山で、ここらを十分理解できる能力がないので飛ばして著者の結論だけをみる。本当はそれではだめなのですが…(汗)
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ