2021/3/1

汚職の構造 & 『SDGsとは何か』3  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
黒曜石リーグ +10XP,23750XP,七分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=EtYpcNnapXU&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=7
HSK3 #5〜7 背了四十九分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=Bnt1s2-Ws5o
李ちゃんねる 看了三分钟李频道。

https://www.youtube.com/watch?v=63ZTVFQ8w9I
李姐妹,看了九分钟李频道

https://www.youtube.com/watch?v=3ZT54M1OuV0
中国語の耳を作るリスニング・入門会話編。47min〜1h15min,听写四十六分钟

https://www.youtube.com/watch?v=atXJ0ni-6WY
https://www.youtube.com/watch?v=SCwasNGjfyY&list=PLLpXNwtj_vHTCJTypdFMSmXlZZzwKqFyO&index=16
びびさんのポスト, 16 学了三十分钟汉语。

https://www.youtube.com/watch?v=xonX7zaNEVQ
くまちゃん、十五分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=lEbzbW7uGUo
https://www.youtube.com/watch?v=Vp_HCaMy28I
https://www.youtube.com/watch?v=dxi7QZ-s81o
Mimi in Shanghai, 看了十五分钟mimi频道。

https://www.youtube.com/watch?v=dADTBoYH6Fo&t=1619s
Eko 〜48min,几乎听写二十七分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=zET52jBh_vc
Miho'movie, 看了四分钟Miho频道。一共三个小时二十五分钟。

运动;爬上散步 5.5km,8232步,17楼。




<脛に傷持つ人間?>
マスコミや野党が官僚と現政権の腐った繋がりを厳しく指摘すると「何だ、善人ぶって」だとか「お前は正義の味方か?」といって皮肉る風潮がある。

逆に私はそうした人間は本人自身が「脛に傷持つ」人間だからと考えてしまう。もしこうした利益相反行為に対し、厳しく己を戒めてきた人間ならば、怒りを感じるのが普通だからだ。

今までにそうした例は山のようにあり、その中には日本の命運を決めるような大事件もあった。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4569/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2797/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2650/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2492/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2247/trackback
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2714/trackback

私は役人のような立場ではなかったから、そうした場面に立つことはなかったが、それでも微妙な立場に立つこともあった。例えば知り合いの論文のレフリーやグラントの審査には必ずその旨を告げて辞退してきた。また論文によってはレフリーを指定(逆指定は競争相手の場合)する場合があるが、知り合いはレフリーから必ず排除した。些細なレベルではあるが、そうしたことは極力避けてきた。「李下に冠を正さず」の口だ。

それでも、招待した米国NIHの研究者が投稿した論文のレフリーだったという経験もある。但し向こうがそれを言ったのは、既に論文がアクセプトされた後だったし、レフリーは事前には極秘事項だからやましいところはない。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6470/trackback

いずれにせよ、日本で利益相反行為が繰り返されるのはそれが構造的なものだから。そしてそうした関係を持った人間は他人の利益相反行為に対して毅然とした態度をとれない。むしろ批判をする者たちを逆に卑しめる。



<激論! クロスファイヤー>
日曜夜の<激論! クロスファイヤー>で高橋氏は「感染が抑えられている」と云うが。感染は検査と定義次第で幾らでも代わる、アテにならない。確実なのは1回限りの「死」。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6472/trackback

何より「埋蔵金オジさん」の言葉はハナから信頼できないと思っている。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5580/trackback



『SDGsとは何か』3
読み続けるうちに非常に不満が高まってきた。色々な数字を出すが矛盾していたり、統一されていなかったり、また多くの数字が2010年頃の数字が多く、初版が2019年だから、こう少し新しい資料を探したら?と思うほど。

降水量や水資源量が大きいことが「水が豊富」とはならないことが次の事実でわかる。日本の場合、降水量は6400年億トンだが、蒸発分が2300年億トン、水資源が差し引きで4100年億トンとされる p65 ここではそのままの差し引きの数値を水資源量としている。*これは実は先の61ページ表の数字と矛盾する。それは兎も角、この中から使用分は830億トンと資源分4100億トンの2割程度、あとはそのまま流されるようだ。p65

だとすれば、インドネシアが降水量において日本以上に恵まれているとしても、そのうち使われる分がごくわずかであれば先の矛盾は解決する。下のURLの資料でも人口当たりの水資源で日本の4倍とされていたので、恐らく、資源分の5%程度しか使われず、そのまま流されているということになる。
https://www.mlit.go.jp/tochimizushigen/mizsei/junkan/index-4/11/11-1.html

いずれにしても、探し出した資料とこの本の数字が異なる(また、この本では一人当たりの水資源量は日本の半分としているが、65ページではそのままの数字を出している)のは不思議だが、この著者はこうした数字に無頓着?なところがあるので、恐らく使用可能水資源の量を61ページでは出し、65ページではそのままの差し引き数字を出しているのだろう。少し恣意操作ではないか? 

砂漠化が進む地方として中国東北部とサハラ砂漠近辺が挙げられる。特に中国においては1億6千万人程度が水に不自由しているとか。p66

著者は偉そうに、

『(ガソリンの使用に関して)遠出に明け暮れていいのでしょうか?』とか、

『若い健常な人々が自動車で(スーパーに)乗り付けて、お身足を弱らせていいのでしょうか』とのたまう。p70

「偉そうに言うな!」と言いたくなる。人はたまには遠出して、ストレス解消も必要だし、徒歩でなく自動車で買い物にいくのも事情がある。本の中の数字があちこち怪しいので、ますますそんな気持ちにさせ、流石にそろそろ読み続けるのは限界と感じた。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ