2021/7/22

民は由しむべし、知らしむべからず & 『野口悠紀雄の…講座』2  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
ダイヤモンドリーグ 〜日常2+30XP,34937XP 十五分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=EtYpcNnapXU&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=7
HSK3 #5〜7 背了四十分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=4865sFWsAxo
李ちゃん、20−21/100 听写和背了半小时句子。

https://www.youtube.com/watch?v=ERs-BB93424
Mimi in Shanghai,六分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=5P9svKtnD2c
2021.07.20 テレビで中国語,半小时。

https://www.youtube.com/watch?v=1awccPEIxNI
ヤンチャンCH/楊小溪,六分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=9vuBfMx3P2s&t=782s
HKS5,背了十五分钟单词。继续努力!

https://www.youtube.com/watch?v=TRCYMhNTGmw
李姐妹频道,九分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=lImv2Wp3wqs&list=PLrlwIJ5o0QFih1_09vLSwFuN1i5bcd6EH&index=31
Kazu Shanghai Life #86 十一分钟。


https://www.youtube.com/watch?v=un4pOSTCKG4&list=PL2qMvlnKBIIymJ7OT9xFonvCpHITGYmoZ
チャイナ道場【中国語基礎講座】2/50二十四分钟。一共三个小时六分钟。

运动;爬山散步 2km,3524步,3楼。

暑さで勉強捗らず。世の中も夏休みに入ったということで、今日は夏休みヴァージョン(汗)午後からいつものスタバに行く。流石に夏休み、ほぼ満員のお客さん。贔屓にしているお店のビジネスがうまくいって貰わないと困るが、さりとて感染がこれ以上拡大するのは問題。しかし感染が抑えられる理由は1つもない。福岡も第5波は確実。精々自己防衛するしかない。今日はアクリル板で囲まれた席に着く。どれだけ効果があるかは疑問だが、、

運動も夏休みヴァージョン、冷房が効いたモール内の散歩のみ。夏休みは今日から来月8日までとのこと。その間、夏休みヴァージョンでもいいかも?




<日経ビジネスの記事から>
『「有料になる?……やめます」加盟店離れ、スマホ決済普及の正念場』の記事を読んで思う。多少過激な意見だが聞き流し下され。
https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00030/052800187/?n_cid=nbpnb_mled_mpu

これまで無料だったものが有料になる。それでもクレジットカードよりはるかに安い。これまでキャッシュレスの利点を引き出せなかった=学習しなかった店が撤退するということだろう。

確かに過渡期は二重手間になり、得るものは少なかったかもしれない。しかし<過渡期とはそういうもの>でそれを乗り越えられるかどうかで生き残りが決まる。

酷なようだが、キャッレス化を単なる流行やコロナで乗った店は、現金保管のコスト削減、帳簿記載の省略化、在庫管理などにキャシュレスの効用を学習し、経営に取り込めなかったからだろう。

有料になるというのでやめるのも1つの選択肢だが、それで従来までの高コスト事業を続ければやがて価格競争に敗れる。それともその分、収入を誤魔化して法人税対策にする?

勝手なことを言っているつもりはない。商売の経験はないが研究でも同様な経験があるから分かる。先の見えた癌研究を続けていくのか、それとも新しい分野に飛び込むのかの決断だった。そう、「現状維持は衰退への道」。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/2815/trackback






<温暖化の影響か?>
ニュースによれば河南省で大変な被害が出ているよう。Windyで調べてみると台風で暖かく湿った空気が太平洋からドンドン大陸に流れ込んでいたのでそれが理由だろう。まだこの先1週間はこの傾向は変わらないので雨は続く。
https://www.windy.com/35.680/139.760?26.490,123.398,5

クリックすると元のサイズで表示します



どうもこのところ、アメリカでもヨーロッパでも日本でも百年に一度だとか、千年に一度というような大雨が降っている。やはり地球温暖化の影響か?以前以下のようなことを書いたことがある。

『上海の平均海抜は4メートル。 地球温暖化→海面上昇で台風時の高波、洪水時の河水面上昇で長江デルタ地帯が脅威に晒されることは中国自身よく知っているはず。 上海が動くと中国が動く!? ここらへんが鍵か?』
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1746/trackback

これは当時、中国が地球温暖化への対策が遅れていたように感じたからだが、ところが、トランプが現れて環境変動はフェイクだと言って、米国自身が温暖化への備えを止めてしまった。しかし今、世界はようやく一体となり温暖化防止に動き始めた。ま、裏では様々な利害関係が蠢いている(特にEU)という話は聞くが、それはそれとして、悪い傾向ではない。




『野口悠紀雄の…講座』2
冒頭に経済分析について
1) 疑問を持つ
2) 仮説を立てる
3) データーで確かめる
というステップを挙げる。そして実際にそれを読者に追体験させる。

その例として、最初に
<13年以降の所謂「景気拡大期」に輸出は拡大していない>

ことを図表1−1で説明するが、この際実際に公的データーベースからQRコードリーダーを使い入手して、自分で同じグラフを作成することを勧める。p25

QRコードが本に印刷されてあり、読者は自分で実際にそれが追体験できる。やはり予想通りの内容。読者は著者が自分の主張に都合のいい図表を意図的に選択したものでないことを納得できる。素晴らしい!極めて教育的。

このデーターの扱いに関して、最後の章に以下のようなことが書かれてあった。まさしくその通りだと思うので、繰り返しになるが取り上げたい。

『日本の官庁によるデーター提供はデーターがpdfでしか提供されていない場合が多い』p253 もちろんこれでは非常に使い難い。Excelへの転換にはそれなりの操作が必要だ(有料のAdobeのAcrobat)。これを持って著者は、

『民は由しむべし、知らしむべからず』p254

実に同感である。これが官庁の現在まで続く姿勢であることは明確。しかも私の知る範囲で感じるのは官僚のレベルが低いこと、自分の利益に聡いことを感じてきた。確かに彼らは上級職の試験を合格したキャリアかもしれないが、ペーパー試験を解くのが上手なだけ。応用力も洞察力も低い。これは最近の官僚に限ってなのか、それとも昔からそうだったのかは不明。 

独断と偏見、さらには傲慢、お許しくだされ! 



…でも正直な思い。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ