2021/8/5

『イノベーターのジレンマ』5  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
ダイヤモンドリーグ 〜人3 +20XP,35357XP 二十一分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=svq8CaeWyqU&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=8
HSK1#6〜8 背了四十一分钟单词。一共一个小时二分钟。

运动:暑いのでモールでの散步のみ。1.9km,3138歩、3階分。
今日も暑くて夏休みVer(汗) 

勉強も難しく、また福岡に再度「緊急事態宣言」が出る様子。「その前にモールのスタバに行かなきゃ!」 ということで昼から出かける。 スタバでは何故か読書が進む、不思議なこと。適度な騒がしさが頭を使う読書には必要??



<新鮮な入門経済学>
スタバで読んだのは、「ゲーム理論をもとにした不完全競争」の経済学。何しろノーベル賞の対象となったものだから、簡単ではない。話はあの『ビューティフル・マインド』の主人公ナッシュの理論で、噂には何度も聞いてはいたが、理論そのものについては初めて。勿論理解できたとは間違っても言えないが雰囲気だけは掴めたかも? それにしても面白い。

理系出身として正式な経済学の勉強はしたことがないが、一般教養として習ったものを今でも思い出すことがある。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/482/trackback

今、新たにこの手の経済学の本を読むと、そこで学べる内容は昔、その教養で習ったものとは全く違う。それでも「経済学て!何て面白いんだ!」と感じることが多い。

それだけ理解しているかは別にして、我々の生活に密着していることだけに納得出来ることが多い。



<深い「闇」>
昨日の「入院制限」のニュースに「やりそうなこと」だと思った。

本当の理由は「医療崩壊」を見かけ上、国民の目から隠す為だろう。パンデミック当初の武漢やイタリアのような医療崩壊の映像を国民に見せたくないから。自宅で重症化したり、亡くなる人はうやむやのうちに処理されることになる。

1年以上も前に出ている『コロナ危機の経済学』という分科会のメンバーによる本によれば、1)PCR検査の劇的拡大だとか、2)緊急事態解除の時期を十分遅らすべきとか、3)アリーナや体育館など、仮設の病院とかを含む感染者の隔離設備の設置などが既に提言されていたことがわかる。それを1年経っても何1つ十分に政府はやってこなかった、不思議なほどだ。よほど深い「闇」があるにちがいない




『イノベーターのジレンマ』5
モデル化というのは「欲しいもの以外を削ぎ落とす操作」で正しいかどうかというより、その枠組みを使うかどうかは目的と状況によるという指摘は正しいと思う。p182

研究者は目的を明確にしないといけないと共に状況判断力が問われる。例えば極端な話、天動説でも普通の天文観察には何ら問題はないということだろう。

先に出てきた図表3―3、92ページの図が何度も参考になる。この図は最初出てきた時は大したことないと思っていたが、意外とわかりやすいので貼り付けておこう。

クリックすると元のサイズで表示します


同質財の市場で、複数の企業がいて、それなりに利益が出ている場合はケース2の場合、つまり数量競争=クルーノー氏の世界。でなければ利益ゼロ=価格競争の世界=ベルトラン氏の世界だとする。p185

ここでハードディスクは同質財の世界だとする。そこから抜け駆けの誘惑が生まれるのは次の利潤関数についての図を見るとわかりやすい。独占状態の時の利益を100とすると。1社増えると100が50になる。さらに1社増えて合計3社になると利益は33.3になる。さらに増えて合計5社になると利益は20となる。実際には [値引き競争] も起こるのでさらに利益は小さくなる

100>50>33.3>25>20>16.7>14.3…

以前、日本の通信業界のように3社寡占状態が一番利益が大きい(独占は違法だとして)とホリエモンが述べたのはこのことだろう。

つまり利潤関数の図は図表7−4のようになる。203ページ

クリックすると元のサイズで表示します


だから、1社独占の企業が競合する会社が2〜3社出た段階で「我慢ならなくなり抜け駆けする」ということか? 逆に言えば、競争の中に後から入ってきた会社は、さらに競合企業が増えても当初の利益が相対的にそれほど大きく毀損しないのでそのままOKということもあるかもしれない。

さて、問題は現実の社会だ。今、日本はドコモ、ソフトバンク、auの他に楽天などが加わり、そろそろ戦国時代に入りつつある。ユーザーとしては有り難いし、事実だからこそ2台スマホ体制になれたわけだが、既存の通信会社としては生き残りの為の戦いをしないといけない。なぜなら通信そのものはまさに同質財の世界だから。ここにどのような差別化財を加えるか=通信以外の何かを入れるかで命運が決まる
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ