2021/9/18

『ナッジで人を動かす』8  お勧めの1冊

<数値目標>
https://www.duolingo.com/learn
黒曜石リーグ 〜食べ物3 +20XP,36927XP,十一分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=-aNrg-q3u7w&list=PLrWxcegPNiyj-M05glrorpUrXekNDKejm&index=9
HSK3〜4 #7〜9 背了四十二分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=slHG-HWrLOI&list=PLrlwIJ5o0QFih1_09vLSwFuN1i5bcd6EH&index=67
Kazu Shanghai Life。#56,十一分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=9vuBfMx3P2s&t=782s
HKS5,背了三十九分钟单词。

https://www.youtube.com/watch?v=MxGCEa9afcg
OrientalDS オリエンタルDS 十五分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=_V64C7_8ABs
びびさんのポスト,十五分钟。

https://www.youtube.com/watch?v=-9mZ4i86rwg
漢学苑-中国語を話そう,十三分钟。一共两个小时二十六分钟。

运动;爬山散步 3.8km,5943步,5楼。金曜日分
追加散歩あり。5.6km, 8617歩、14階。


地元の図書館は今月末まで緊急事態宣言に合わせて閉館だが、太宰府図書館は開いて本の貸し出しだけは開始していた(催し物などは制限)。社会資本としての図書館の価値に対する認識が両者で違うよう。もちろん飲食も会話もない。図書館使用にどれだけの感染リスクがあるというのだろう? 普段だってガラガラ、「密」になる程人は入っていたためしはない。理由がつけば仕事を減らしたいというのが本音に違いない

太宰府図書館から無事新たな本を入手出来た。現在読んでいる『ナッジで人を動かす』の方は全部読み終わる前に延長限度(最大延長1回)が来たので返却、またそのうち借りれるだろう。

『ナッジで人を動かす』は一番苦手なタイプ。図表があって、そこから結論を出すタイプの本が個人的には読みやすい。しかもいろいろ知らない言葉や事柄が満載でその都度、検索して調べないといけない。兎に角、文章を注意深く読んで理解しないといけないので予想以上に時間がかかった。しかし個人的には高い評価の「お薦めの1冊」。

さて、新たに借りてきた本の1つがあの『国家はなぜ衰退するのか』を書いたアクセモグルとロビンソンコンビによるもの。あの本には「偉い先生の講義を大講堂で一方的に聞くだけの授業」と不満を述べたように批判もしたが、16回に渡って記録すべき内容があった。それなりに『お薦めの1冊』だった、今回も期待できる? 因みに原本は2019年、訳本も2020年に出たばかりの本。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/4889/trackback

いずれ紹介することになるが、冒頭で知らない言葉が早速出てきて検索のお世話になる。その言葉というのが、ドッペルゲンガー(Doppelgänger)というもの。これは「分身」のことらしい。つまり、強力な国家権力に対して、その分身となるような対抗馬を生み出しても、結局、権力同士が結託して人々を支配する力をさらに強力なものにするということらしい。これを「ギルガメッシュ問題」というらしい。つまりギルガメッシュに対し、天の神が対抗馬、エンキドォを創造したが、結局ギルガメッシュとその分身であるエンキドォは結託して民衆を支配し続けたということらしい。

早々から難しい話がドンドン出てきてメゲそうになるが、頑張る!




『ナッジで人を動かす』8
面白い米国の例が挙げてあった。それはタバコの肺がんに関する生々しい画像を表示することを義務化したFDAの裁定を連邦裁判所が表現の自由を根拠に無効とした判例。p162

また金融の世界ではあらゆる形の操作が蔓延していると著者は言う。p168 これには完全に同意できる。いつも目立たない場所に「元金は保証されていない」と書かれている。アカロフの言うところの「不道徳な見えざる手」てやつだ。
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/5329/trackback

とはいえ、人生に操作=ナッジはつきもの、社会的に広く認められている行為の中にもナッジは山のようにある。

ナッジはフレーミングで容易に効果が変わる。その例として以下のような例を挙げている。

「年寄りより若者の命を優先するか」との問いに対し、通常は<とんでもない>と答えるが、質問を替えて、「5歳以下の人間を70人助けるか、80歳上の人間を75人助けるか」のトローリー問題に対しては、多くの人が前者を選択するらしい。つまり質問次第でナッジの効果が変わる。p172
https://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/6245/trackback


米国の場合、義務化や禁止に対してはその目的が正当なものでも否定的というのが調査結果だと著者は言うが、p174 それが今、コロナ対策で覆りつつあるという時々はコロナの脅威がいかに大きいかの証左だろう。

182ページまで読み、ほぼ1/3程度読んだが(全部で292ページ)貸出最大期限となり返却。いずれまた借り出して読み始める予定。いやー意外と持ちました。簡単な本ではなかったですからね。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ