2007/8/24


インドを訪問中の安倍首相が東京裁判の故パル判事の長男と面会したとか。 判事は日本のA級戦犯について、全員の無罪をただ一人主張した人物。 なお面会は首相の強い希望だったとか。
http://www.asahi.com/politics/update/0823/TKY200708230283.html

このニュースをかつて日本軍に占領されたアジアの国はどう思うだろう? 当然、日本は先の戦争に対し罪を感じていないと思うだろう。 あの「ぼっちゃん首相」には配慮と言うか、想像力が欠落している。 日本の戦犯に罪があったのかどうかが、ここでの問題ではない。所詮戦争裁判「勝てば官軍」の世界。 

またそれとは別に、私は如何に「理」があったにせよ、敗戦の将は自ら責任をとるのが当然だと思う。昔の言葉で云えば自ら「腹を切る」のが自然だと思う。 
0



2007/8/24  12:19

投稿者:kspaws

賛成。
腹のひとつも掻っ切れなくて何が将軍達だ。
K.Hirotaのほうがエライ。
坊ちゃん総理へ、負けたことをグジグジ言うな。もう一回、戦争するぐらいの気概を持て。


http://blog.goo.ne.jp/z-__-z

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ