2013/12/31  1:57

最後の日  日記

   クリスマスイブに婚約指輪を渡された


   クリスマスにその指輪を_はめた


   

   今の名字で一年を過ごすのは_たぶん今日が最後になると思う




   


   

クリックすると元のサイズで表示します


イブ・・・・
 
よくつるんでいるあいつの左薬指に光るものを見つけた_
 
 『なに、それ婚約指輪?』 と聞くと

 『う〜ん、まだわからない_』 と彼_
 
仕事が終えて帰るとき、彼に呼び止められた_
 
 『これ・・・』
 
手渡されたのは、リングケース_

開けてみると対のリングが一つ_一つは抜き取られていた
 
 『これが婚約指輪になるか、ただのアクセサリーになるかは_君しだい・・・』

 _彼は薬指のリングをみせながら言った
 
 『あっ・・・』〜『じゃ_また明日』
 
私の言葉をさえぎるように彼は行ってしまった
 
 『どうすんのよ、これ・・』_明日はあいつと映画に行く約束をしているのに!
 

私は_指輪を見つめながら考えている
 
 彼のことは好きだけど_結婚?_そこまで好き?
 
 でも、彼の指輪をみたとき_ちょっとチックとした・・・(NO!かなり動揺したじゃない!)

 演奏にもいつものように集中できなかった・・・(NO!演奏どころじゃなかったでしょ!)

 もし、あの指輪が他の誰かに渡すものだったとしたら・・・

               (NO!そんなの考えられない!あいつはわたしんだ!)
         
  
 『あ〜 もう知らんは〜!』_いつの間にかそのまま寝てしまった
 
 
クリスマス_待ち合わせは 夕方4時
 
 そろそろ出かけないと・・・
 
 『・・・私も年貢の納め時か・・・』
 
 
 そうつぶやくと_薬指に指輪を勢いよく通した
 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
クリックすると元のサイズで表示します

 
いつもと同じ待ち合わせ場所なのに_いつもとちがう_

クリスマスのせいでないのはわかっている
 

『待った?』いつものように5分私を待たせてやってきたあいつ_

いつものように_『待ちくたびれたわ!』_とは言わずに_

『早くいこ映画はじまちゃう!』_と歩き出す・・・


 
映画館の席につく
_
『・・・で?』『で、なに?』『・・・・』

『あ〜!あれね_確かめてみる?』_と手袋をはめたままの左手を差し出す

中指の先をつまんでそ〜っとひっぱる_あいつの手が震えているのがわかる

指の付け根まできたとき手袋の動く感触が止まった・・・

『あ・ありがとう』『・・・どういたしまして_さあもう始まるから静かにしよ』『・・うん』

中途半端に脱げた手袋をさっとはずしてポーチにおしこんだ

映画の内容?_よく覚えてない・・・


 
映画が終わって街を歩く_何も語らずあてもなく

たまらずに私のほうから声をかけた

『だいたい、まだ愛してるどころか_好きだとも言われてないのに、なんでいきなりプロポーズなの!』

『・・・・』『ちょっと〜!』

『じゃあ、それ(指輪)返す?』

『・・・やだ!あんたの勇気に免じて受け取っといてあげるわ!!』

『なんだ_それ・・・・』


 
クリスマスの夜_初めてあいつと手をつないで街を歩いた


 
0
タグ: 大晦日



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ