2014/9/24  20:51

とある田舎での出来事  日記

 先週、旦那の実家に行ってきました

 九州のそれはとんでもない田舎で_

 朝一の飛行機に乗って、電車に乗り換え最寄りの駅に着いたら、もう昼過ぎ・・・

 さらに、迎えに来てくれてた彼のお兄さんの車で1時間!


 到着したら、もう3時前だった!


 実家で迎えてくれたのは、旦那の祖父、祖母、兄夫婦_

 ご両親は、彼が幼いころに、不幸があってもうおられません_

                             ご両親への報告
 そう今回の目的は、私の紹介と、お彼岸前のお墓参りです



 夕食_ご近所さんも集まり大宴会(さすが田舎だ!)




 ただその中に一人_気になる視線が・・・

クリックすると元のサイズで表示します



 
 

 さて、この後幼馴染のとった行動は?  続きにて


 

 

 その夜、こっそと外出する旦那_

 なにやら嫌な予感が・・・なので、後を付けた


 案の定、旦那の向かった先には_例の幼馴染!

 なんやら話していたかと思うと、突然向き合う二人


 『ねえ、最後に一度だけ_キスして!』_はっきりと聞き取れた

 
 まさか! うそ!

 私の心の叫びとは裏腹に近づく二人のシルエット!


 は_やがて重なり合った・・・



 走り去る彼女を見送ったあいつ

 しばらくして歩き出す


 木陰に隠れていた私に気付かず、通り過ぎていく

 『コホン!』

 聞き覚えのある咳払いに、立ち止まり、ぎこちなく振り返る

 『思いでづくり?』

 『見とったんか!』


 『なんやったら_私一人で帰ろうか?』

 『・・・・すまん・・・』


 ふう〜 とため息をつく私

 『まあ、彼女の気持ち_わからんでもないは_』


 『一発_どつかしてくれたら_忘れたる_』



 あいつの前に近づく私


 目を閉じて、小刻みに震えるあいつ

       
       もちろん、私の拳固が怖くて震えてるわけじゃない


 私は振りおろした拳をあいつの頬で止め_両手で頬をわしづかみに

 そして、激しく唇を重ねた



 『あんたはなぁ_もう私のもんや!』

 『あの子の気持ちがどんなに強ようても_絶対にゆずらん!』


 そう言うとさらに激しく、唇を重ねた









 なんて、漫画みたいな場面が、あるわけもなく ^^;

 旦那の実家での時はあっというまに過ぎていきました♪


 


 後日談

 冷たい視線の真相は?

 クリックすると元のサイズで表示します


 はいはい、私はどうせロり体型ですよ!



0



2014/12/6  0:34

投稿者:chaki

お久しぶりです。
一年ぶりに拝見しました。
なんとお互い同じ時期に結婚しているとは(笑)
びっくりしました(^∇^)
おめでとうございます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ