〜秘密クラブ〜

秘密、秘密、秘密クラブです。まあ、アレですよ。基本的にブログです。
日々の出来事、鉄拳への心意気、小樽観光等の秘密を公開しています。
最近、放置プレイしてる理由も秘密です。

 

カレンダー

2019年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

welcome

  • 本日のアクセス
  • 昨日のアクセス
  • 総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
« 大事にしとけ。 | Main | 出だしが忙しい »

2005/5/30

「余計なものはいらない。」  燃えよ鉄拳
今日は休み。
ということで、まずは歯医者に行く。

むしろ、予約が3時なのに起きたら3時10分と遅刻もいいところ。

慌てて行くと、予約が3時30分だったことに気付く。

世の中上手く出来ています。

っていうか、お金を節約しなくちゃいけないのに、
歯医者通いのために、ぼこぼこお金が飛んでいきます…

歯 医 者 よ 僕 の 歯 よ …

それから、なんとなく地元のゲーセンに行く。

すると、結構、人が多い。

なんとなく、見てるとK@Zさんが来る。
さらには、呼んでもいないのにDK君もふらふら現れる。

あっという間に、熱い状況です。

地元の3闘神(Tomさん談)だかが、久々に集いました。

そして、もさもさ対戦。

気付くとK@Zさんが『マモル団』なるチームを作っている。
コメントも『まもるまもるまもるまもる』と、すごい呪われ信者っぷり。

そして、K@Zさんステーブが修羅になってて猛威を振るっていました。

暴れにはミセ。ということで、眼鏡の爺さんを出してミセミセで勝つ。

すると今度は『通天暴れ撲滅委員会』なるものができる。

いやいや、通天砲だけじゃないですよ。
下段と飛び蹴りと残月も出してますから。

まあ、その4つの技しか知らないですけど。

K@Zさんが「キャラ差です」とか、ぼやいてました。

で、K@Zさんのサブが降格したりしていると、また新チームが…

今度は『マモル』というチームが出来ていました。

いやいや、ストレート過ぎ。RNですから…

もう余計なものはいらない。みたいな。

地元には、本当に色々なチームが生まれては消えていきます…

それから、ついにこの男のメインに出ました!

クリックすると元のサイズで表示します

DK君シャオの右下に光るは、降格の危機…!!

で、程なく動く木に葬られ、拳達に落ちたDK君。

「シャオが降格するのは初めて」だと負け犬が吠えていました。

まあ、今度は皆伝が待っていますからね。

そんな僕のポールは、K@ZさんDK君をチューチューして、
昇格のチャンスが出たのに、3ドット差でK@Zさんに敗れる

後、一回の同段戦で昇格します。
ここは、えぬさん戦に備えて温存しておきます。

えぬさん。僕は今、食べ頃になっています。

そして、お腹が空いたのでK@Zさんに別れを告げ、撤収。

今日は、久々に鉄拳を堪能できました。
鉄拳はやっぱり楽しいですわw

で、明日は仕事です。
近頃、暖かいので良い季節になったと思い、仕事に生きるのです。
0
投稿者: マモル
トラックバック(0)
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:DK
>K@Zさん
暴れ先生は固められるとテンパってぶっぱ鉄山一択になるので、
スティーブやファランあたりでラッシュかけたら降格間近です(^-^)

>ぶっぱ王先生
初段上等です。
てか、初段まで落ちたら逆に熱いかもです( ̄∀ ̄)
投稿者:マモル
>DK君
だったら、初段に落としてあげますよ。
逝ってください(´∀` )

>K@Zさん
暴れというか、ミセですよw
放心状態??多分、ステーブとかいう凶キャラMAXのせいです。
投稿者:K@Z
DKさん>
俺のリーは吸われる恐れあるんで、DKさんとえぬさんのシャオで師範に落としちゃって下さい(^ω^)ノ

マモルさん>暴れ禁止(´・ω・`)

…それとステブ対フェン戦の後、放心状態だったのは何故ですか?笑
投稿者:DK
>通天暴れさん
ダイナマイトキッド…いや、確かに彼の玉砕ファイトは好きですが…
降格は段位があまり気にならないのでいいんですよ( ̄∀ ̄)

>K@Zさん&えぬさん
6月4日はマモルを悪夢の2段まで墜としてあげましょうね(^-^)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ