2013/4/30

ゴールデンボンバーのダンス  アイドル/有名人や芸能界の情報

そして、ゴールデンボンバーの代表曲、女々しくては、ヲタ芸みたいな振りのダンスで、難しい振りになっています。
まさにゴールデンボンバーのダンスを見ていると、本気度を感じることができ、その軽やかな動きは圧巻です。
かっこいいビジュアルバンドのゴールデンボンバーのメンバーが全力で笑いをとっている姿は見ていて気持ちの良いものです。
抱きしめてシュヴァルツは、ゴールデンボンバーの中でも人気ですが、窓拭きみたいな振りのダンスになっています。
また、ゴールデンボンバーの毒グモ女は、非常に複雑な動作が多く、ダンスを上手く踊りにくい楽曲です。
特に、ゴールデンボンバーの鬼龍院翔は、すべての楽曲の作詞、作曲を手がけていて、重要な位置にいます。
面白ければ何でもやるというゴールデンボンバーの姿勢は、多くの人の共感を呼んでいます。
君に番号を聞けなかった、というゴールデンボンバーの楽曲は、腕を振る動作が基本のダンスです。

ゴールデンボンバーは、エアーバンドというスタイルを貫いていて、独特のダンスとともに見る物を圧倒します。
ゴールデンボンバーの喜矢武豊は、運動神経が抜群で、彼のダンスは、動画でも人気があります。
バンドというよりはゴールデンボンバーのダンスを見ていると、パフォーマンス集団と言っていいでしょう。
0



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ