Google

県央八市議会議員合同研修会

2008/1/24 | 投稿者: kyomen

今日は県央八市議会議長連絡協議会が主催する県央八市議会議員合同研修会に出席しました。
海老名市議会議長市川敏彦氏、海老名市長内野優氏の挨拶のあと、テレビタックルなどメディアにも出演している『金子哲雄氏』の講演を拝聴しました。
今回の合同研修会は当初予定していた講師及びテーマの変更があったものの、テーマは「地域を元気にする」と言う事でしたが、冒頭、小田急線沿線で読み終った雑誌を回収して販売しているホームレスの年収は?など参加した八市の議員に問いかけるなど中々面白い内容でした。ちなみに400万超えらしいです。お金をかけずにお客を呼ぶ戦略集客学。100年続いた商売(御神籤商売)は暴利多売、小さくても世界で一番を前面に出し、民間企業のノウハウや財源を利用した自治体の運営、ベットボトル入り飲料などの体への影響やらユニーク内容で会場を盛り上げていました。
また感心したのが県央八市の現状をリサーチされていて話の合間に盛り込みながらの講演でした。公演終了後の質疑では座間市についてイメージは?との質疑に、座間市の地域活性化については市の花ひまわりと伝統のある座間の大凧を前面にだし西部地域を特に活性化したらとの事でした。金子哲雄氏も地元では現役の消防団員と言うことでエピソードも話されていました。
講演終了後に名刺交換させていただきましたが消防の大会では2番員だそうです。詳しいプロフィールは続きを読むをクリックしてください。
        クリックすると元のサイズで表示します

講師プロフィール
流通ジャーナリスト・購買促進コンサルタント
金子 哲雄 (かねこ てつお)氏

1971年生まれ。
慶応大学卒業後、ジャパンエナジーに入社。
総務担当者として名刺の経費を削減し、名刺コンサルタントとして業界に知れ渡る。
その後、ampmの立ち上げに参加、お弁当などの開発に携わる。
退社後、コンサルタントとして独立。年商20億未満の中小企業を集中的にコンサルティング。現利主義(現場に利益あり)を信条に、24時間密着取材を得意とし、「お金をかけずにお客を呼ぶ戦略集客学」などをキーワードに情報を発信。
「100年続いた商売は暴利多売」「小さくても世界で一番」などユニークな発言で、メディアや講演会などで活動中。


【主なコンサルティング実績】
小田原市(おもてなしマイスター事業、店主の人柄で商店街を盛り上げる)
栃木県商工会連合会(スローライフ推進事業、地産地消)
足柄上商工会(桜の植栽で観光の核をつくる)
八丈島町、防災機器製造会社、バッグ製造会社、ビルメンテナンス会社、
その他企業、商工会、自治体など実績多数。


【主な執筆】
『世界の売り場からfromNY』(丸の内プレス)
『買いの法則、売りの法則〜街が教える繁盛への道』(商業界)
商業界、食品商業、販売革新、THE21などに連載執筆。







コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ