Google

あの懐かしの名車が・・・

2006/6/28 | 投稿者: kyomen

日産座間事業所『記念庫』視察

 先般6月21日、市議会議員による日産自動車座間事業所内にある『記念庫』の視察が企画され、政和会からは6名の議員が参加をしました。
記事内容は続きをよむをクリックしてください。
クリックすると元のサイズで表示します
政和会だより34号より抜粋.ブログランキング

ココからもどうぞ!


 この記念庫は、日産自動車の歴史を語る上で欠かせない企業遺産である歴代の車両を「記念車」と呼んで保存をしていて、その中には1933年製造の現存する最古級の国産自動車であるダットサン11型フェートン、ル・マン24時間レースを始めとする国内外のレースで大活躍した数々のレースカーなど貴重な歴史を持つ車から、「ケンとメリーのスカイライン」やフェアレディZなど私たちも実際にハンドルを握ったことのある懐かしの歴代の名車まで約300台が保管されています。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

 記念庫の中は巨大なガレージといった感じで、特に飾り気もなく整然と車が並べられ、エンジンオイルの独特の臭いが漂っています。それが逆に1台1台の名車を引き立たせ、輝かさせ、息吹きを感じさせるようにも思いました。カーマニアなら堪らない、カーマニアならずとも一度は見るべき価値のあるこの記念庫ですが、残念ながらあくまで車を保管しておくことを目的としていることから現在一般公開されていません。

 いつの日かこの眠れる宝庫が、企業側のご理解のうえ形を変えてでも一般公開されるようになり、座間の新しい観光名所になることを夢に描いて記念庫を後にしました。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します



2006/7/7  15:08

投稿者:2005JC

タウンニュースにも載ってますね。現地は暑そうですね。
これからも頑張ってください。

コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ