Google

【座間市広報】子宮頸がんワクチン、ヒブ(Hib)ワクチン、小児用肺炎球菌予防接種の接種料金を全額補助

2011/3/1 | 投稿者: kyomen

実施期間は平成23年3月1日〜24年3月31日です。
子宮頸がんワクチン、ヒブ(Hib)ワクチン、小児用肺炎球菌予防接種の接種料金を全額補助します。
平成24年4月1日以降の補助については、未定です。

必ず指定医療機関で接種をしてください。指定医療機関以外で接種した場合の補助はありませんのでご注意下さい。また、接種前に医療機関で配布する各ワクチンの説明書を必ずお読み下さい。

持参するもの 健康保険証、(小児医療証)母子健康手帳 (予防接種予診票は医療機関にあります。)
       
 この制度は、予防接種法で定められていないため、接種を受ける努力義務はありません。本人又は保護者の希望により、任意接種として実施するものとなりますのでご注意下さい。
 このため、ワクチン接種によって重篤な副作用が起きた場合は、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の健康被害救済制度の適用となります。

予防接種の注意
 少しでも熱があったり、かぜぎみのとき、食欲のないとき、普段と様子が違うときなどは無理をせず、健康状態がよいときに接種を受けてください。
 また、接種前に必ず医師が行う診察の結果により、接種を見合わせることもあります。

 この事業は、補助事業の開始日から終了日までの費用を補助するものです。
 次のものは補助対象になりません
・補助開始日前に接種した回数。
・補助期限を過ぎた残りの予防接種の回数。
・補助開始日に対象年齢を超えてしまっている場合。
接種は複数回必要なものもあります。ご希望になる方は、早めに接種を開始してください。
無料での接種できる期限を越えた場合は、有料で接種できます。

対象年齢・接種回数等が月齢によって細かく分けられています。補助する接種回数は開始する月齢によって異なります。


子宮頸がんワクチン予防接種

子宮頸がんワクチンは、子宮頸がんの主な原因とされるヒトパピローマウイルスのうち16型・18型の感染を予防しますが全ての感染を防げるわけではありません。また、ワクチンの効果は一生続くタイプではなく、子宮頸がんを予防する為には、接種後の検診が必要です。
ほとんどの女性が一生に1回は感染します。子宮頸がんになるのは感染した人のうち1%未満と考えられていますが、感染する機会が低い年齢層に予防接種費用を補助するものです。

詳しくはこちらをクリックしてください。
ブログランキング


ココからもどうぞ!


クリックすると元のサイズで表示します



にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ