不調からの脱出  

クリックすると元のサイズで表示します

今年の3月あたりからSP12は不調になってしまいました。

きっかけはリアサスOH。

秋が瀬のまるち杯前に急にリアのグリップ感がえられなくなってしまった。
色々とチェックしてみるとリアサスが抜けてしまった事が判明。。。
急いでN-PLANにてOHしてもらいました。

ですが、しっかりOHされているのにも関わらず、どうしても前の感覚にように走れない。
この時には4stも乗り出していました。

色々調整するものの、どうしえもダメ。
2回ほど、仕様変更をしてもらいましたが、それでもダメ。。。

筑波もタイムはSPで39秒5とか下手したら39秒8とかになってしまうような不調全開。
結婚式の打ち合わせやらなんやらもあり、練習時間も少なくバイクはきつい状況が続いていました。

それが、結婚式も終わり、引っ越しも終わり、整備場が出来上がりとバイクができる環境になり、今回のレースは整備を気が済むまでやった。

やっぱり、整備はもちろん大切ですが、それ以上に自分とバイクの状況を落ち着いて分析して、なんで乗れないのかを考えた(考えられた)事が良かったのかな。
と思います。

フレームとスイングアームを変えた後に、筑波を一度走った時には正直復調出来る兆しは薄く、これ以上どうしたら良いんだよ!って思った時期もありましたね。

本当に、八方塞がりみたいな感じでした。
さらに、
「2stと4stを同日にレース行うのは乗り換えだけでも大変なのに、レースなんてさらにきつい。どっちかにすれば!?」

とも言われ、どちらかに絞った方がいいのかな。。。

と思ったりもしましたね。


それでも、ほんの数人の方は
「出来るさ!」とか
「若いんだから苦労したよ。苦労した分だけ、後でレベルアップ出来る!」
と励ましてもらい、諦めずにやっていました。

師匠は
「諦めるのは簡単でしょ。結果が出なくても続けないと意味がない。」
と言ってくれました。

テストが進むにつれて、4st、N-PLAN4号も戦闘力が出てきて、関東ロードでは4位入賞
そして今回、リンクスでは2位!
2stは前日に良くはなったとわいえ、本当に少しずつ良くなっていたので、当日が不安でしかたなかったんです。

それが予選で、本当に久しぶりに38秒台に入りましたが、決勝前には

「4stは良かったけど、帰る頃には、2stでボコボコにやっつけられて、落ち込んで帰るのかなぁ。」

なんてつぶやいてしまったら、兄貴分にマックさんから

「さっきのレース良かっただろ!あれだけ良いレースしてボコボコになるわけない!」

と励ましてもらい、なんとか自分を信じてレースに向かったら、過去ないぐらいバイクが思うように動き、今まで5回ぐらいしか出した事のない38秒台を連発して、展開に助けられたものの、7位でポイントゲット。

4stでは2位であんなに喜んで、2stでも7位で喜ぶなよって言われるかもしれませんが、何しても上手くいかない時期があったので、何言われても嬉しいんです!


じゃあなんでいきなり2stの調子が上がったのか。
ですが、これは長くなってきたので、明日書きます。

ぜひ読んでくださいね!


ランキングが降下中。。。1票をお願いしま〜す!
下記をクリック!人気ブログランキングへ

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ