関東ロードミニRd-1反省  

関東ロードミニRd-1反省です。

まず、これだけのメンツの中で5位になれた事を素直に嬉しく思います。

トップライダーでもトラブル等で沈んでしまった選手も多くいたので大満足とは行きませんが、しっかり走りきれた事を良かったと考えます。

その中で、やはりマシンの仕上がりは50%くらいだったと思います。

2016セットは5年かけて作って来たこともあり、トータルパッケージで考えると完璧!

といえる仕上がりだったと思います。

それがウィンドジャマーズマフラーを使わせてもらえるようになり、マフラーをより上手く使うという面で完成度がイマイチでした。

シャーシに掛けてもリンダのマシンと比べさせてもらうと、ピークパワーこそ変わらないものの、上も下も大幅に負けていました。

これが大問題でピークパワーだけでは速く走る事は出来ません。

下から上まで安定した出力出ないと、足にとネガが出ると考えています。

「レースは最高のテストの場」

です。

今回のレースから足りない点、やらなければならない事がハッキリと分かりました。

やりたい事はたくさーん。

うーん、関東ロードのみに集中したいくらい時間が足りない。。。

Rd-2にはトータルパッケージの完成度を上げて臨みたいとおもいます!

クリックすると元のサイズで表示します
人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ