桶川リタイヤの原因  

桶川開幕戦リタイヤの原因。

マシンをバラしてエンジンも開けてみました。

結果としてエンジンは無傷でした。

あれ?

じゃあなんで?

と思い色々見て行ったら、タンクのコックがONなのにガソリンがチョロチョロとしか出ない。

コックを開けてみるとタイヤカス?コックのパッキンの切れ端?的なゴムの玉が通路を塞いでいました。。。

結論はコックの詰まりからのガス欠です。。。

なんで、このタイミングで起こるんだよぉ〜。。。

って夜空を見上げちゃいました。

コックは定期的に掃除をしていますので、今回のトラブルは不運としか言えません。

が、運も実力のレースの世界。

自分の力が足りなかっただけですね。

とりあえず他のライダーに迷惑掛けないで済んだ事。

エンジンが無傷であった事。

は良かった点として処理したいと思います。


気持ちを切り替えて次に向かいます!!!
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ