またまたボロボロな秋ヶ瀬最終戦  

秋ヶ瀬最終戦。

そして2018シーズン最後のレースとなりました。

シリーズランキングトップで迎えた最終戦。

是が非でもタイトル取って来年の活動を楽にしたいと思いましたが、結果は転倒リタイヤにより獲得ならずでした。

桶川からの悪い流れを引きずりまくって、こんなに運がないか。

と思うレースでした。


昨日の整備は完璧に仕上げました。

なのに。。。

朝一、暖気をしていると。。。

バンって言ったかと思ったらエンジンストップ。

はい、プラグポール抜けました。

平野さんからも

「NSF100はプラグポール弱いから気をつけろ!」

と言われていましたが、まさかこのタイミングで壊れるの?!?

みたいな。

直すしかない!

と佐藤監督と速攻で腰上バラします。

ヘッド取るまで15分。

平野さんのアドバイスは心に留めておいたので、プラグホールのヘリサートキットを持って行っていました。

レースは何が起こるかわからないから、可能性のある部品は持って歩いてます。

リコイルのプラグポールヘリサートキットはとても便利で、ドリルで穴あけしなくてもネジ山を切ることが出来るんです。

これを最初知った時は衝撃で、しかもハンド工具だけでしっかりと切れるという優れものです。

リコイル終わって25分。

速攻組み付けてエンジン掛けるまでかかった時間は45分だったらしい。

朝フリーが始まってから壊れたので朝フリーは走行できず、最下位から追い上げか?

と思っていたので、佐藤監督に感謝!

作業ができる2人が揃うと本当に早い修復が出来ます!

自分自身も出来るようになっていて本当に良かったと思う出来事でした。


<朝フリー兼タイムアタック>

サクッと走って練習同様のタイムとなる30.2秒。

GPSロガーでは30.1だっただけにちょっと残念。

2番手獲得。

マシンはしっかり修復されており、何の問題もない。

<予選レース>

スタートはボチボチ。

海老名さんが前に。

最終コーナーで抜きに行こうと思ったら黄旗。

杉山さんが転倒してた。

そうこうしてたら1ヘヤでヨシキが来た!

いやいや、ヨシキ速いな!

サクッと抜かれてしまった。

また2ヘヤではガッキーもイン側にチラッと見えたけど、ここはしっかり押さえる。

ヨシキに引っ張られる形でペースが上がり海老名さんについて行く?ジリジリ離される?感じでした。

そのままチェッカーとなり3番手となりました。


ドライでの決勝を強く望みましたが、空からは雨が。

みるみる路面はウェット。

悩みましたがタイヤはレインタイヤを選択。

<決勝レース>

スタートは失敗、

ホントに秋ヶ瀬のスタート苦手。

イン側にガッキー。

1コーナーな入ると前で転倒が。。。

転倒した3台に前を塞がれてしまい完全に一時停止してしまった。

急いでバイクの向きを変えて再スタート。

少し走り海老名さんに追いついた。

最初は余裕があったものの、タイヤが冷えたのか?減ったからなのか?タイヤのグリップ感がイマイチ。

前には2台。

うーん、厳しいなと思うけど抜きたい!

きっと少し無理させたんだと思う。

まさかの2コーナーでリアからスリップダウン。

エンジン再始動せず、そのままリタイヤとなってしまいました。。。

あーあ。

って感じ。

唖然としちゃって何も考えられませんでした。

これがレースなんだなと。

悪い流れを最後まで断ち切る事が出来ず、最後は自分自身のミスにて転倒しちゃいました。

反省しなきゃならない点は多々あります。

次回は反省点を書きたいと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

KOBEさん写真ありがとうございます!
人気ブログランキングアップにご協力お願いします!
下記をクリックで1票が入ります!
人気ブログランキングへ
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ