ベルハンマーGOLDという潤滑剤について  

バイクや車をはじめとする機械を扱うにあたり必要不可欠なものの1つにケミカルがあります。

さらにその中でも不可欠なのが潤滑系ケミカル。

スプレー式の有名所はやはり

クレ
5-56

でしょうか。

潤滑剤市場も沢山のメーカーが我こそがと凌ぎを削っています。

僕も5-56を始めとしてあれこれ沢山使ってきました。

その中でどれも良い所があり、好きでない部分もあり、今まではコスパ重視で選んでいました。

それほどの性能差を見出せた事がないというのが本音です。

それはベルハンマーもしかり。

確かに凄い性能なんだけど、じゃあベルハンマーでなければダメなのか?

と言われると僕の用途ではもう少し安いケミカルで十分事足りていました。

ハッキリ言ってしまうと、ベルハンマーに圧倒的な性能は感じられなかったと言うのが事実です。
(バイクでの僕の使用条件に限る!)


しかし!

だが

しかし!

ベルハンマーGOLDは違います!!!

スプレー式潤滑剤の枠を超えた性能を見せてくれました。

これ一本でグリスまで要らないんじゃないか?

と思うほどです。


潤滑系スプレーってどうしても柔らかい性格なので、耐久性に欠けると思っています。

具体的には例えばアクスルシャフトをグリスを使わずにスプレーだけで組むと、次に外す時は乾いてしまうような形になる。

これは当たり前ですよね。

そこはグリスだろ!

って突っ込みたくなった方がほとんどでしょう。


でもね!!!

ベルハンマーGOLDは行けちゃいます。


枠を超えた絶対的性能

を試すために僕は新しい潤滑系スプレーはアクスルで試していたのですが始めて乾燥する事なく、走行後に外してみるとウェットをキープ。

油膜切れや飛んでしまう事なく、しっかりとアクスルを潤滑し続けてくれました。

本当にビックリした。


さらにゴムへの攻撃性も考えられている事から、シールチェーンへの塗布も可能との事で使ってみましたが、手でタイヤを回すと重いシールチェーンがかなり軽くなりました。

ベルハンマーでは走行すると飛散してしまいましたがGOLDはキープ!

1日走ってもキープ!

柔らかいのに飛散量が減っている。

何故だかわからないけど。。。

絶対的性能を見せつけられました。


これってベルハンマーGOLDが1本あればグリス要らなくない?

ってなっちゃいます。

ミニバイクであればNSFやNSRであれば、普通の使用以外にも、チェーンやアクスルなどなど潤滑が必要な部分は全てベルハンマーGOLDでOKと言うか

ベルハンマーGOLDが良い!!!

と思いました。

もし、僕のブログで興味を持って買ってみたけど、普通のケミカルと変わらないじゃん。

って人が居たら意見を聞かせてください。

ベルハンマーGOLDはマジで最高です。

買うなら必ずGOLDの文字が印刷されてるか確認して買ってくださいね。


クリックすると元のサイズで表示します
2



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ