東京モーターサイクルショーを終えてパート2  

東京モーターサイクルショーを終えて。

パート2!

ミニバイクを中心に考えた時のおじさんおばさんライダーの意見。

おじさんおばさん連呼します。

気を悪くしないでくださいね。

僕もおじさんライダーですから!!!


僕らのマシンを良く観察してくれた人の年代割合は間違いなく、おじさんおばさんライダーの方が多かったです。

おじさんおばさんライダー:若い子比率

8:2くらいかな。

そんなおじさんおばさんライダーさんとの会話も凄く勉強になりました。

街乗りバイクを中心にサーキット走行を楽しんでいるライダーさんとの会話なんて普段ないですから。

どこのサーキットを走っているか聞かせてもらうと、ミニロク中心に活動しているという人が多かったです。

一昔前ならDE耐と言われたでしょうが、DE耐というライダーさんは1人もいなかったなぁ。

茶耐ももちろんいませんでした。
(カテゴリーが変わったから当たり前ですが)

そんな方にスプリントレースを提案しても

「僕らは出られるレベルでないから。」

と言われます。

この言葉の裏には

「僕らが出でも自分達自身が楽しめないから。」

という思いが隠れてるんだなぁと感じました。

断り文句でレベルが足りないからと言われましたが、本音は楽しめないから。

とう事なのだなと。

これは改善する余地がある!

「楽しかった!」

と感じてもらえれば参加してくれる訳です。

それをどうするか?

おじさんおばさんライダーさんがガチでトップを目指すわけではないし、目指せる訳でもない。

でもサーキット走行に興味はあるんです!

スプリントだってやってみたいという気持ちはある。

おじさんおばさんの楽しみをどう提供するか。

やはりこの一点なんだなと感じました。

そんな中でサーキット秋ヶ瀬のビギナーのあらたな提案を聞いて頂くと

「楽しそうですね!」

と言ってもらえました。

詳細は下記参照。

https://blue.ap.teacup.com/applet/ta1chi/20190320/archive

耐久レースを楽しでいる方にもスポーツとしてのミニバイクレースを楽しんでもらえる形を作りたいと思った東京モーターサイクルショーでした。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ