こんなの簡単じゃん  

障害者手帳を持つ障害者の方々がsuicaに対応していないという話。

https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.asahi.com/amp/articles/ASP3R4G5XP3CUTIL011.html%3Fusqp%3Dmq331AQRKAGYAavirJDKnKuF3AGwASA%253D">https://search.yahoo.co.jp/amp/s/www.asahi.com/amp/articles/ASP3R4G5XP3CUTIL011.html%3Fusqp%3Dmq331AQRKAGYAavirJDKnKuF3AGwASA%253D

割引条件等々の条件に対応するICカードを作るにはシステム改修、ハード改修でお金が掛かるので難しいと。

こんなの簡単じゃん。

障害者手帳を提示すれば本人と同伴者1名の運賃を無料にすればいいんじゃないの?

係員がいる改札を障害者手帳提示で通してあげればいいじゃん。





そうすればシステムもハードも改修する必要なし。

障害者の人口比率を見ると7.4%。

内訳は高齢者が多いです。

https://www.asahi.com/sp/articles/ASL495Q7BL49UTFK01W.html

となると日々電車を使う必要のある方は障害者の中でも少ないのではないか。

そして介護認定と一緒で、無料になる度合いを決めれば良い。

例えば身体は健全な方は対象にならない。

とかね。

あくまで自立歩行が出来ない方とかね。

もちろん目が見えない方とか歩行機能は問題なくても介助がないと危険な方は含むにする。

この辺の線引きを国が決めてくれれば良い。

国が、身体障害者手帳の色を変えるとか、別にカードを発行するとかして判別できるようにすれば良いんじゃないの。

そんな仕事が政治家の仕事なんじゃないの???

同乗者は無賃になる。


そうする事で、友達に介助してもらいながら安全に移動出来る事で電車やバスの運行者も助かるでしょう。

その方も一緒に動いてくれる方を誘いやすくなるでしょう。

定期持っている方が行動を共にしてくれたら、その分の運賃を返金くらいしちゃいなよ。

車椅子の方や目が不自由な方が、通勤等で同僚の方等が同行してくれたらどれだけ心強いか。

僕が目が不自由だったら、車椅子だったら一人で公共交通網に乗って移動出来る自信は全くありません。。。

そして公共交通網身体障害者無料化しても経営に関わるほどの痛手にならないでしょう。

JRグループが

「身体障害者手帳提示にてご本人と同伴者1名は運賃無償にします。」

って言えば終わる話。

JRグループが打ち出せば、各私鉄各社と従わざるおえなくなるでしょう。

あっ、もちろん新幹線とか特急切符的なのが必要になる場合は今まで通りの運用で良いと思います。

あくまで日頃の足として使う場合の運賃を無料にしてあげれば済む話だと思う。。。

新たなICカード作って等々開発費考えるなら無料にしたほうがローコストになる気がする記事でした。。。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ