3/14東京湾フィッシング  

久々のフィッシング。

本当は千葉の堤防に乗りたかったのですが、北風強風で無理。。。

渡船が出ませんでした。

ある意味これもチャンス???

とプラス思考な僕は割り切って、東京湾奥の開拓に行きました。

まずは電波塔から。

暗いうちにポイント入りすると先行者は1名。

声かけして釣果を聞いてみると

「今日はダメだねぇ。」

と。

北風が強く海は大荒れ。

そして水は昨日の大雨からの真水が入っているからか、いつもの感じではありませんでした。

ルアーを投げられるのは風裏になる場所のみ。

いつも良いと思って投げているポイントは爆風で無理。。。

厳しいかなと思いつつ、キャスト開始。

だんだん明るくなり出した時



シマノ
レスポンダー109F

にガツンとあたりが!

元気元気なファイトをしてくれたシーバスは60センチジャストの良型でした。

キャスト開始早々30分で1匹GET。

クリックすると元のサイズで表示します

さらにキャストを繰り返しますがアタリはなく、日の出とともに人が増えました。

見た感じ20人以上は居たかな。

クリックすると元のサイズで表示します

1時間程度キャストするも周りを含めて誰も釣れない。

こりゃダメだなとポイント移動。


同行した方にアタリがありましたがバレてしまいました。。。

僕もショートバイトはありましたが渋い感じ。。。

電波塔を8時くらいに後にして移動!

新たなポイントを同行者の方に教えてもらい行ってみました。

凄く釣りやすいポイントで風の影響も受けにくい場所だったので期待しましたが、2時間投げるもダメでした。

また移動。

河口の様子を見に行きましたが、上流から流れてくる水はドチャ濁り。。。

風も強くてこりゃ釣りにならないと判断して午前中で今回の釣りを終了しました。


今回は昨日の大雨の影響と強風で撃渋な中で1本出せてよかった!

見た限り魚を上げられたのは僕だけだったと思います。


それにしても釣れない時の

レスポンダーRHカラー

は魚を連れてきてくれます。

凄いルアーだから予備が欲しいけど、アサシンシリーズは売ってるけどレスポンダーはなかなか売ってない。

見つけたら買いたい!!!
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ