Takehisa Honda Diary

歌手活動と義足と胞巣状軟部肉腫の闘病記

 

カレンダー

2020年
← October →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:本田武久
タチさん、コメントありがとうございました。私のコンサートには必ずいらしていただき有難うございます。喜んでいただき何よりです。タチさんと知り合ってからのこの5年は、私の内面も、音楽も大きく変化しています。そんな細やかなところも感じて下さり嬉しいです。

人間ドックではよく診ていただいたようですね。やはり、早期発見に越したことはないと思います。休肝日には、とびっきり美味しい他の飲み物を探してみてはどうでしょうか?ちなみに、私は最近はお酒の代わりにミキ・プルーンをお湯に溶いて飲んでいますよ。

さて、元気になったらレッスン再開しましょう。できれば7月に発表会を開催したいです。お歌いになりたい曲を探しておいてくださいね。
投稿者:タチ
本田先生
昨晩は元気なお顔を拝見できて良かったです。昨日は2年位、サボっていた人間ドックを受けて、何たら、かんたら悪い箇所を指摘され、好きなワインも休肝日を設けろと言われて、そんなあとガックリしていました。
時間もギリギリだったので、表参道のおしゃれな人々の間を全速力で駆け抜けるオバサンでした。一日に一回はハァハァする事をやれと言われたので、ちょうど良いトレーニングとなりましたが。
さて、コンサートは感動もんでしたね。
知り合ってから5年、先生の様々なコンサートに出かけましたが、日本歌曲の素晴らしさを再認識しました。一段と表現力があがったと思います。詩を大事に、大事に想いをこめて歌えば、聴く人の心にピ〜ンと響くのですね。
特に合唱で良く聞く「落葉松」、みなさんの目に涙がにじんでいるのが良くわかるほどでした。九十九里浜は勇壮でした。
すべて、歌に合わせてとても良く表現されていたと思います。
歌は無条件で素晴らしいですね。ヘボの私も、楽しくいろんな歌を歌って行きたいと思っています。
美貌のヤングレディ達は何者なんだろうと思っていましたが、芸大の同級生なのですね。
美貌と美声で、私達を楽しませてくれる神様からの贈物ですね。
高校生達もいつもコンサートに来てくれて、慕われていますね。
これから闘病生活が始まりますが、歌をよりどころにして、回復したら、いろいろ教えて欲しい歌があるので、よろしくお願いします。

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ