Takehisa Honda Diary

歌手活動と義足と胞巣状軟部肉腫の闘病記

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:本田武久
kotomiさん

オペラ公演、ご成功おめでとうございました。kotomi さんが存在感のあるソプラノ歌手としてご活躍を続けていらっしゃる姿を拝見でき、とっても励みになりました。ありがとうございます。

kotomiさんもいろいろな体調不良に悩まされながらも今回の舞台に立たれたとうかがいました。音楽のパワーってすごいな、と思いました。音楽で人を元気づけ、自分も音楽で元気づけられるなんて、音楽家って素晴らしい仕事ですね。

О野先生には、いつも医学的な詳しい情報を提供していただいています。こんなに親身になって心配していただき、恐縮な思いです。О野先生を囲んで、お食事はもちろん!皆さんとパワフルなアンサンブルも楽しんでみたいです。

また、秋田で楽しい時間が過ごせることを楽しみにしています。
投稿者:kotomi
本田くん、先日は退院直後にもかかわらず、オペラ公演にいらしてくださいまして本当にありがとうございました。後片付け等であわただしく、お会いできずに残念でしたが、K子ちゃんから、お変わりなかったとのご報告があり、安心しております。その後、傷は快方に向かってらっしゃるのですね。秋のコンサートもたのしみにしておりますので、どうぞゆっくり治療に専念してくださいね!今回、久しぶりのオペラ公演で、本当に楽しく勉強させていただきました。次回は是非本田君もご一緒にステージに立ちましょうね。この数ヶ月で、私はすっかりねぶり流しマジックにかかってしまいました。どのパーツ、パートを聴いていても涙がでてきてしまうのです。本番では雪のシーンがはじまったところで涙ぐんでしまった、というキャストが何人もいらっしゃいました。T先生が20代の作品なんですよね???す、すごい、、。T先生は歌曲も出版なさっていらっしゃるのですよね。早速楽譜を探して見ます。もし見つからなければ本田君から情報をいただきたいと思いますので、そのときはどうぞよろしくお願いいたします!話は変わりますが、最近、O野先生とメル友になってしまいました。(笑)メールで、いつも本田君のことを気遣っていらっしゃるようです。今度秋田にいらしたときは是非、O先生を囲むスペシャルメンバーでお食事しましょうね!それではまたメールいたします!!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ